137話 テキテキと


「まあそういうのも含めてさ。とにかく、陸上界をみんなで盛り上げていかないと駄目なわけよ」


少し酔ったのか、杏子さんが演説をぶった。


「日本選手権だって、あたしが客だったら見に行かないよ」


「え、行かないの」


「行くよ。行くけど、行かないでしょ、普通は!」


なんか言ってることめちゃくちゃだけど、酔ってるから仕方ない。

まあ、酔ってなくても、杏子さんはあれだけど…。


「そりゃ、あたしは行くけど、あれじゃ普通は行かないでしょ。ショーアップして、何度も足を運びたくなるようにしなきゃいけないと思うんだよね」


「まあ、そうですね」


「やっぱさ、陸連なんかに任してたら駄目よ。お役所仕事しかできないんだもん」


「営利団体じゃないですからね…」


「それそれホーイよ。そんなところにスポーツイベントをやらせるのがそもそもの間違いなんだよね」


それそれホーイの意味は不明。

掛け声に合わせて、刺身のツマを僕の口に放り込んだと思ってください。

せめてしょうゆは付けてほしい…。


「あんなんだったら、うちの大学のイベントサークルにやらせたほうがなんぼかマシだと思わない?」


「ムグ、うん、まあ…」


「だいたいさ、ちょっと前にさ、陸上をメジャーにするとかって、選手が個人で大会開いてたじゃん。1千万も使ってだよ。何でそんなの選手にやらせるわけ?そんなの陸連の仕事でしょ!親が仕事しないで子どもに稼がせてるようなもんだよ!」


興奮して、杏子さんはパシパシとテーブルを叩いた。


「それとさ、関係者にも危機感ないと思うんだよね」


「危機感」


「選手紹介のときとか、いいパフォーマンスのときとか、全員でわーっと盛り上げてあげないとダメじゃん。自分たちのチームの選手のときばっかりじゃなくてさ。そのくらいは選手も監督も率先して、盛り上げるの協力してあげないとダメ!」


「そうですね。すいません」


「一番声出してるのが、飲み物売ってる女の子な時点でどうなのよ」


「あー。そうですね…」


「外国とかすごいよ。スタンディングオベーションで、いつまでたっても拍手終わんない」


「ああ。ブーイングとかもすごいよね」


「そそそ。でも、関係者だから声を出せっていうのは乱暴だから、環境づくりだよね。外国だからとか関係ないわけじゃないじゃん。実際、サッカーとかなら、日本人だってわーって応援してるじゃん」


「あー、そうですね」


「そういうのをこう、観客が盛り上がれるように、なんか考えないと」


「うん」


「でもさ、お役所仕事だからさ、そういうのできないんだよね。あんなんだったら、うちの大学のイベントサークルにでもやらせたほうがいくない?」


「うん。それさっきも言った」


「何度でも言うよ!結局さ、来てる人、みんな発散したいの!わーって騒ぎたい。サッカーでゴールしたときなんか、スタジアムが大騒ぎになるじゃない。外国とかすごいよ。でも日本だって、サッカーとかなら、わーってすごいじゃん」


なんか微妙にループしてる。


「みんなでわーってやるの、楽しいじゃん。それがスポーツのだいご味でしょ。あのくらいやってもいいと思うんだよね」


「そうですね。サッカーや野球は応援団が率先してやりますからね」


「家でテレビで見てるのと一緒じゃ、絶対ダメじゃん。わざわざ足を運んで見にきてくれるんだからさ、わーっとやって、盛り上がってもらって、発散して、また来ようって思ってもらわないとダメじゃん。陸上はそういうところから始めないとダメなんだよ」


「それは確かにそうかも…」


水沢さんがうなずく。

賛同を得て力強く思ったのか、杏子さんはさらにテーブルをぱしぱし叩いた。


「あと、何でインタビューとか、ゴール地点の引っ込んだところでやるわけ!?」


「さあ…、配線の関係とか?」


「引っ張っていって真ん中でやればいいじゃん!」


「まあ、そうかな…」


「何で飲み物がコンビニより高いの!」


陸上の大会あるあるになってきた。


「それは、ある程度利益も確保したいだろうし」


「いーくーらーも、もうかんないでしょ!そういうときこそ逆にサービスすべきでしょ!イベントに行って飲み物買うより、普段スーパーとかコンビニで買う機会のほうが圧倒的に多いでしょ!こないだ陸上の大会見にいったら高かったから、今日は別のメーカーの買おうって思うじゃん!」


「うん、まあ…」


「隣のパンのブースはよかったよ!スーパーと同じ値段で売ってたもん。そんで、買った人全員に、ビニールのポンポン配ってた。細長い風船みたいなやつ


「ああ。ありましたね」


「あんなん原価でいくらもしないし、買っても買わなくても企業のイメージアップにつながるじゃん。そういうサービスしてくれたらさ。なんでわざわざ、注目が集まるイベントでさ、500mlのペットボトル250円なわけ?」


「まあ、そうですね…」


「足元見るなって思うよね。イベントのときとか、観光地価格っていうか、ここぞとばかりに値段上げるのは絶対逆効果!」


「うん。まあでも会社の方針もあるだろうし、陸上とはあまり関係ないような…」


「違うでしょ!そういうのも全部ひっくるめてのイベントでしょ!トイレが汚いとかさ、嫌でしょ!」


「あー。それは確かに…」


「とにかく、来てくれた人にマイナスイメージ持たれたらダメ!気持ちよく帰ってほしいじゃん!トイレ掃除なんて何百万円もかかるわけじゃないんだから、やろうよ!」


「まあ、そうですね」


「トップの選手には、ファンサービスもしてほしい!終わったらさっさとサブトラに戻っちゃうんじゃなくて、5分でも10分でもさ、握手するとかサインするとか写真撮らせてあげるとか!」


「そうですね」


「そんでそのときは、あたしも咲希みたいにちやほやされたい!」


「はい」


「星島とエッチもしたい!」


「いえ」


「そういうのを、全部、うまくやれ!」


いきなり振られて、亜由美さんがぶっとウーロン茶をこぼした。


「え、あたし?」


「うら。社員だろ、テキテキやらんかい!」


「テキテキ…」


この人、普段は少しおかしいけど、今日は珍しくいいことを言った。

まあ、普段はあれですけどね。

0コメント

  • 1000 / 1000