136話 ナニワのあきんど


そんなこんなで、戸川記念も終わった。


水沢さんが女子走り高跳びmで標準Aを突破。

日本選手権で3位以内に入れば、世界選手権の代表が確定する。

まず、リーチと言っていいだろう。


そのほか、先輩方の結果は割愛。

可もなく不可もなく…。


「よーし、かえんべ!」


杏子さんの号令で撤収。

電車で絹山まで戻り、僕たちは駅前の居酒屋でささやかな打ち上げをした。

スポンサーは、社会人である杏子さんと千晶さんと亜由美さん。

ゲストは僕と新見と水沢さん、それと本間君だ。


話題は、アサミACが主催する、日本スーパーグランプリ。

とにかく、知香ちゃんがアイデアをいっぱい出してくれているらしい。


例えば、有名人を呼ぶ作戦も知香ちゃんのアイデア。

限定200足のランニングシューズをプレゼントする代わりに、プライベートで来てくれる有名人を募集したのだそうだ。

SNSをやっている有名人は多いので、やたらめっぽうに連絡したようである。

それとなくSNSやイベントやテレビ番組で日本スーパーグランプリの話題に触れてもらうことによって、さらなる宣伝効果も期待できるということらしい。


「しかもそのお金も、うちは出してないもん」


と、杏子さん。


「え、どこが出してるの?」


「そりゃ、天下のライテックス様よ。あ、ビールね。そんで、グランプリのホームページと会場で、同じタイプのランニングシューズを1万円で売るわけ。デザインちょっとだけ変えて廉価版とかいって」


「うえ。何かずるい…」


さすがナニワのあきんどだ。

秋田出身だけど。


「それと、認定カード。カードあったっけ?」


刺し身のツマを僕の口に押し込みながら杏子さんが言った。

千晶さんがバッグから何かとりだして、テーブルの上に並べてみせる。

銀行のキャッシュカードと同じサイズ。

デザインが何種類かあって会員証みたいな感じだ。

素材は、よく分からないがテレホンカードと同じようなもの。


…テレホンカードって知ってる?


「参加者全員に、これをプレゼントしまーす」


「ふうん。何これ」


「公式記録認定証。陸上やってる人じゃないと、記録公認してもらえないでしょ」


「おお。サッカー部とか野球部が喜ぶ」


「そうっしょ。それで、公認された記録はデータベースに登録されてグランプリのサイトからあらゆるパターンで検索できる」


「ああ。このあいだ言ってたやつ?データベースうんぬん…」


「そそそ。自分の記録が東京都で何位なのか、絹山市で何位なのか、全国の22歳男性で何位なのか、検索すれば全部分かっちゃう」


「おお。燃える!」


「燃えてくれるといいけどね。これさ、グランプリ終わってもデータベースは全部生かしといてさ、リアルタイムで更新予定だから。今までなかったでしょ、誰でもアクセス可能な記録のデータベース」


実は、まるでないのだ。

陸連が管理している部分はあるのだろうが、僕らには一切それが見えない。

自分が何番目にいて、代表争いはどうなのかとかは自分で調べるしかない。

不便なこと、この上ないのだ。


「ちなみに、サイトでデータを検索するたびに広告が表示されて、その広告料がうちらに入るわけ」


「広告」


「例えば、絹山市、女子、24歳で検索するでしょ。そうしたら自分の順位が分かると同時に、絹山市で美味しいスイーツの店とか、いい感じの美容室とか、エステだとか、そういうところの広告が出るわけよ。検索した人にピンポイントで合ってるから、ほかの検索サイトよか効果的ですよと謳ってるわけ。これも知香の発案」


ナニワのあきんど、末恐ろしいと思った。

0コメント

  • 1000 / 1000