124話 関東インカレ開幕


最後の関カレは、僕にとっても絹山大学にとっても順調な滑りだしだった。


初日の男子100mの予選は、向かい風2.6mが吹いていた。

強風と言ってもいいだろう。

その中で、10秒69の2着。

風がきつくて疲れたけど、まあまあいい走りができたような気がした。


本間君も十文字も、加奈もちょんまげ真帆ちゃんも佐々木陽子も予選突破。

100mの代表は、全員が準決勝に進出したことになる。

4Kも男女とも無事に決勝に進出できたので、まずはパーフェクトと言っていいだろう。


「おい」


「ん?」


「なんか最近、おれのこと忘れてね?」


「えと、どちら様?」


2日目の日曜日、やや肌寒い、曇り空。

競技場に到着して、待機場所で休憩しているとロシア人に声をかけられた。


「ロシア人に知り合いはいないんだけど」


「おれだよ!橋本聡志!生まれも育ちも山梨!」


「ハラショー?」


「は・し・も・と!」


地団駄を踏む聡志。

なんか久しぶりに見た気がする…。


「アップしなくていいのかよ!」


「ああ。行くけど、何でそんな怒ってんの?」


「1着+4とかねーよ!」


「まだ言ってるのか」


昨日、聡志は男子400mに参加して、3組の2着だったけど決勝に進めなかった。

4組なんだから素直に2着まで決勝進出にすればいいのに。

そう憤慨していたのだが、まあ仕方がない。

みんな同じ条件でやっているのだから、単純に力不足だ。


そして力不足が分かっているからこそ、八つ当たりしているのだろう。


「くそーっ。おれもアサミACに入れてほしい…」


ぶつぶつ聡志が言う。


「外人枠なら、余ってるかも」


「そんな枠ねーだろ。プロ野球じゃあるまいし。まだ陸上続けたいのに」


まじめな顔で言う。

僕たちも、4年生だ。

どこからも誘いがなければ、陸上人生は終わりになってしまう。

もちろん、普通に就職して続けることもできる。

でも、仕事をして練習をするというのはかなりきつい。

練習時間も限られてしまう。


第一線で活躍したいなら、実業団に所属するか大学院に進むか、それしかないのだ。

聡志の悩みもすごく分かる。


「だってさ、今、陸上やめたら、本多由佳里と出会うチャンスがなくなるだろ」


せっかく同情していたのに、聡志がそんなふうに言った。

しかも、大まじめな顔で。


「お前、そんな動機で言ってるのか」


「それ以外に何がある?」


「だったら、鳥羽化学のトラックのグラウンドキーパーにでもなればいいじゃん」


「おお…っ!天才!」


バカ…。


脳みそに春が来た聡志を織田君に任せ、移動して、コンコースで軽くアップする。

十文字を発見したので一緒にアップ。

最大のライバルである本間君は、音楽プレイヤーで何かを聴きながら、奥のほうでごろりと横になってストレッチをしている。


「あいつ、最近しおりんと仲いいよな」


十文字がささやく。


「何か腹立つよな。マネージャーに手出すなっての」


「だよな」


「お前もだろ!」


「ミキちゃんはいいんだよ。ほっといても誰も手出さないだろ」


「それもそか。いくら美人でもな。あの性格じゃな」


半ば冗談で言ったのに、あっさり納得されてしまった。


「で、どうなの?うまくいってんの?」


「うん。まあまあ」


「けっ。死ねばいいのに」


「もうちょっとオブラートに包もうか」


男子100m。

準決勝は2組で争われ、上位4着までが決勝に進出できる。

ここはきっちり勝ち残っておきたいところだが、ライバルが多いから油断はできない。

僕の出る2組は強敵ぞろいだ。


「なかなかきつい組だな」


十文字が呟く。


「そうだな」


「1組に入りたかった…」


「1組は本間君くらいか」


「ま、おれには200mがあるからな。たぶん今年は優勝しちゃうな」


「くっ…。空気キャプテンだったくせに」


「うるせ、変態トレパンフェチ尻敷かれ王」


「何それひどい」


「女の敵かつ男の敵、すなわち人類の敵アホじま」


「十文字が性格悪いって言ってたよって、ミキちゃんに告げ口しよっと」


毒づいていた十文字が、途端ににこやかになる。


「…星島さん。ラーメン好きだったよね?」


「チャーシューが乗ってればな」


「くっ…」


冗談はともかく、本当に1組はきついのだ。


まず、去年のチャンピオンで、インカレ2位の浅田次郎。

辰川体育大学の4年生。

脳みその代わりにピーナッツバターが詰まっているやつだ。


それと、東都大学に入った武藤清春。

名門、埼玉星明高校出身。

去年のインターハイで10秒25を出して優勝した新幹線みたいな1年生だ。

多分、今からばんばん伸びてくると思う。


そして最近好調の十文字。

本人が言うように、200mでは優勝しそうな勢い。

100mでも上位に食い込んできそうな感じだ。


ほかにも速そうな選手がいるので、4着に入るのも大変だといっていい。


「星島だぜ、インカレ3位の…」


だけど、誰かが噂しているのが耳に入って、僕は鼻息を鳴らした。

 

ベストタイムを比較したら、僕だって負けていない。

準決勝くらい余裕で通過して、返す刀で決勝をぶっちぎってやろうと思った。

0コメント

  • 1000 / 1000