第90話 世界記録より早く



 競技場を出たところに、ミキちゃんがスポーツドリンクを手に待っていた。

 どんな顔をすればいいのか、何を話せばいいのか分からなかった。

 ミキちゃんは何も言わずにスポーツドリンクを差し出して、僕はそれを受け取って水分を補給

した。

 わずかな水分が唇からこぼれた。

「悔しいよ」

 それが、僕の正直な第一声だった。

「負けるのなんて慣れてるはずなのに、すごい悔しい」

 少し、ミキちゃんは唇を持ち上げた。

 だけど何も言わず、半歩、僕に遅れて歩き出した。

 隣を歩きながら、僕はもう一口、スポーツドリンクを飲んだ。

 ミキちゃんはずっと黙ったままサブトラックまで付いてきた。

 風がなくて、体感温度はかなり高かった。

 ミキちゃんは、黙ったまま、僕の様子をじっと見ていた。

(どうしたんだろ)

 疑問に思いながら、軽くダウンをしてサブトラックを後にする。

 ミキちゃんは一言もしゃべらなくて、もしかして怒ってるのかなと思ったけど、表情を見る限

りそうではないようだった。

「何で黙ってるの?」

 恐る恐る聞いてみると、ミキちゃんはちらりと僕を見て、それから口の奥で何かモゴモゴと言

った。

「ん?」

「だ、だから、何て言ったらいいか分からないから」

「ふうん」

 ミキちゃんは葛藤に陥ってしまったのかもしれない。

 褒めるべきか叱咤すべきか、それとも慰めるべきか元気付けるべきか…。

 何というか、いかにも真面目なミキちゃんらしい。

 わざとらしく、ごほんとせき払いをする。

「とにかく、あとは4K、気持ち切り替えて」

「あ、うん。分かってる」

「アンカー、石塚さんになったから」

「え?ああ、高柳さんはクビだっけ」

「うん。星島君のところは関係ないけど」

「バトンパス大丈夫かな。大丈夫か。人のことより自分のことだってね」

 ミキちゃんに指摘される前に、自分で訂正する。

 それがおかしかったのか、ミキちゃんは柔らかくほほ笑んだ。

 その笑顔は世界記録よりも素早く僕の目に焼き付いて、どんな言葉よりも鮮やかに心の中の負

を払ってくれたのだった。

「とりあえず、反省は後ね」

「うん。ミキちゃん、ありがとう」

 まっすぐに礼を言うと、少し照れて歩き出す。

 長い髪に、真夏の日差しがすけていてきれいだった。

「決勝は、何点だった?」

 聞いてみると、ミキちゃんはちょっとだけ僕のほうを見て、太陽に手をかざした。

「90点」

「お。いい点!」

「前半は85点、後半は75点」

 足して、ええと、160点。

「あれ、平均すると80点だけど」

「10点は、よく頑張ったから、敢闘賞」

「そっか…」

「うまく次につなげられたら、満点ね」

 そう言って、ミキちゃんはまぶしそうに僕を見た。

 出会ってから初めて見る、優しい表情だった。

0コメント

  • 1000 / 1000