080話 器


加奈が走り去った後、その場に取り残された僕たちの間に気まずい空気が流れた。


さて、どうしたものだろうか。

やはりここは、僕が何か言っておくべきだろうか。

そんなふうに考えていると、ミキちゃんがすっと顔を上げてパンと手を叩いた。


「さ。タイム計るから本気で走ってね」


みんな、あっけにとられる。

大したものだと思った。


信念に支えられていないとこうはいかない。

僕みたいに、他人の顔色をうかがいながら行動する小市民は駄目だ。

こういうときには、右往左往してしまうしかないわけ。

信念を持っている人は強い。

それを貫くことだけ考えていればいいからだ。

その結果、どうなるかはともかく、だ。


「宝生さんも、大丈夫?」


ミキちゃんに聞かれて、宝生さんは慌ててガクガクとうなずいた。

まだ真帆ちゃんの影に隠れて、ブルブルと震えている。

もうすっかりひよこモード。


「どうしたの?」


「え。だって…」


宝生さんが、加奈が走り去った方向を見る。

ミキちゃんも、ちょっとだけそっちのほうを見たけど、すぐに視線を戻した。


「ほっといていいわよ。あとで、頭が冷えたころに話しておくから」


「あ、あんまり、ぶたないであげてくださいね」


真帆ちゃんが言うと、ミキちゃんは不機嫌そうに眉を動かす。


「そんなことしないわよ。私が暴力ふるったことある?」


言っておいて、自分で思い出したらしい。


「まあ、山倉教授と高柳さんには、あれしたけど…」


恥ずかしそうにミキちゃんが付け加えて、少し笑いが起きた。

ちょっと雰囲気が柔らかくなって、みんなほっとする。


「じゃあ、いくわよ。準備いい?」


「はい」


ストップウォッチ片手に、よーいドンでミキちゃんが両手を叩いて僕たちは走り出した。


100mでは聡志には負けないけど、距離が伸びると途端に立場が逆転する。

800mくらいは何とかついていったけど、それ以降はどんどん引き離されてしまった。

一番、長距離が強いのは元サッカー部の織田君。

ほとんど差がなく聡志。

ずーっと遅れて僕、さらに遅れてベースマンって感じ。


「星島君、4分42秒」


「ふいーっ」


「真剣に走った?」


「は、走ったよ」


聡志は4分25秒だったらしい。


かなり速いような気がする。

インターハイなら、遅い組に入って運がよければぎりぎり決勝に残れるかもしれない。

女子1500mならの話だけど…。


「橋本君はやっぱり、長い距離のほうが向いてるわね」


バインダーにタイムを書き込みながらミキちゃんは言った。


「ま、どちらかといえばだけど」


「うう。スプリントの才能ないのかなあ」


「そんなの、あるかないかなんて神様にしか分からないけど」


名言だ。

真理であるとも言える。


才能とは、器のようなものだ。

僕らの中には、様々な器がある。

スプリントの器、長距離の器、あるいは柔道の器とか料理の器とか。

ゴルフボールを縦にたくさん重ねることのできる器とか。

役に立つとか立たないとかに関係なく、たくさんの器がある。


残念ながら、僕らには器の大きさを変えることはできない。

それぞれ一人一人に、上限が与えられている。

しかも、器の大きさも自覚できないから困ったものだ。


しかし、好きな器を選んでそこに水を注ぐことはできる。

それが、努力だ。

そして、勝負は器の大きさでは決まらない。

器に入っている水の量で決まるのだ。


たくさんある器の中から、何を選んで水を入れるか、それがものすごく重要だと思う。

時間には限りがあるわけだし。


「じゃ、本格的にやってみようかな」


ミキちゃんの言葉に、聡志は鼻を鳴らした。

聡志のロングスプリントの器の大きさは未知数。

だけど、確かに、長いほうが向いているかも。


「そうね。頑張って」


「頑張る!大活躍したら彼女もできるよね!」


「それは知らないけど」


「ミキちゃんさ、ぶっちゃけおれとかどう?女の子的にはありかな?」


聡志の質問は、かなり大胆で挑戦的だった。


しかし、それに対してミキちゃんは無言だった。

眉間にしわを寄せて、への字口、じとっと聡志を見て、肩をすくめただけだ。

聡志の落ち込み具合は、見ていて、こっちまで泣けてきそうだった。

0コメント

  • 1000 / 1000