078話 負けるもんか


夏合宿が終わり、1週間後の土曜日の昼過ぎ。

灼熱の日差しの下、学生協で買い物をして外に出ると、藤崎小春と出会った。


遭遇、という表現がぴったり合う。

4、5人のグループでいて、僕を見ると、まなじりを持ち上げて近寄ってきた。

なんか怒ってる?


「うらっ!星島望っ!」


思いっきりビンタされそうになったけど、グループの一人が寸前で藤崎小春を引っ張った。

僕の鼻先を、藤崎小春の平手がぶんっと通り過ぎていく。

慌ててのけぞって、買い物袋を落としてしまった。


え、何、いきなり何なの?


「あたしの許可なく、咲希先輩と海なんか行ってんじゃないわよっ!」


「ええ…」


そんな、理不尽な。

そんなことで叩かれちゃうのか…。


「まあ、まあ、まあ…」


さすがに、グループの女の子が止めに入った。

何人かがぷんぷん怒っている藤崎小春を遠ざけて、1人が買い物袋を拾ってくれた。

藤崎小春とよく一緒にいる、胸の大きいセクシーな子。

不二子ちゃ~んみたいな子だ。


おっぱい魔人と名付けよう…。


「悪いね、あの子ちょっと病気だから」


声もいいな。

それに、いい匂いがする…。


「ありがと」


「じゃ」


軽く手を上げて、グループのほうに戻っていく。

やれやれだ。

キスのことがばれたら、事件になるかもしれないな…。


それより、プリンだ。

練習前に食べようと買ったプリン、大丈夫かな。

袋の中を覗き込んでみたけど、まあ、ダメージはなさそう。

あとはスポーツドリンクだけだからよかった。

生卵とか買ってたら大変だった。

ま、学生協で生卵買ったことなんてないけど。


「ん…?」


背後から藤崎小春が襲ってこないか注意しつつ歩いていると、スマホが震えた。

SNSでメッセージが届いている。

織田君からだった。


「11秒41かな」


意味が分からない。

宛先を間違ったのかも。

そう思っていると、すぐに織田君からもう一通届いた。


「記録会、加奈ちゃん、11秒41!」


果てしなくびっくりして、鼻水が出るところだった。


今日は絹山競技場で記録会があり、1、2年生を中心にうちからも何人か参加していた。

画像が添付されていて、記録ボードに11秒41の文字が表示されている。

追い風0・8m。

十分、公認記録の範囲だけど、本当に加奈の記録なのか疑わしくなった。


「マジで?」


「マジで!日本歴代5位!」


たぶん、織田君も驚天動地な感じで、とにかく慌ててメールを送ったのだろう。


僕も同じように驚いて、急いで坂を駆けおりていった。

この大ニュースをみんなに知らせようと思った。

でも、トラックの外周をゆっくりとジョグしている新見の姿を見て、思いとどまった。


新見は最近、やっと走れるようになった。

走れるといっても、スプリンターとしてどうのというレベルではない。

普通に歩いて、軽くジョグすることはできるようになった感じである。

まだまだみんなと一緒には練習できず、こうして一人でジョグしていることが多い。

膝にはまだサポーターをしているし、腕には少し傷が残っている。


「星島君、おはよ」


「あ、うん。おはよ」


それでも、本人には前の明るさが戻ってきた。

ちょっとずつ前進しているという、手ごたえがあるようだ。

順調に行けば、来シーズンの頭くらいには本格的に走れるようになるかもしれない。

また元通り走れるかどうかは別の話として、とにかく頑張ってほしいものだ…。


「ほしじまーっ!聞いたかっ!」


新見と一緒に歩きながら、少しおしゃべりをしていると聡志が部室のほうから走ってきた。

嫌な予感がして、制止しようとしたが間に合わなかった。


「加奈ちゃん、記録会で11秒41出したって!」


新見の気持ちとか少しは考えればいいのに。

バカだからしょうがないけど、まるで自分のことにようにぺらぺらと喋りまくる。

最近、高柳さんと似てきたかもしれない。


あとで蹴飛ばしてやろう。

僕はそんなふうに思ったけど、新見は意外と平然としていた。


「すごいね。負けてられないなあ」


「そうだよ、沙耶ちゃんも頑張れ!」


聡志がぐっと親指を差し出して、新見も真似して親指を突き出して笑った。

もしかしたら、僕より聡志のほうが、新見の心に一歩近かったのかもしれない。

何となく聡志に負けたような気がする。

僕も拳を握ったけど、何もできずにすぐ開いて、ジャージのズボンをごしごしとこすった。


「負けてられない」


聡志がはしゃぎながらどこかへ走っていって、2人きりになると新見は呟いた。

真剣な表情だった


「絶対、負けてられない。負けるもんかっ」


何度も、自分に言い聞かせるように新見は言った。

不安がないわけがない。

苦痛がないわけがない。

涙する夜もあったに違いない。

だけど、少なくとも僕の前では、落ち込んだ顔1つ見せなかった。

 

僕のせいじゃないと新見は言ったけど、あれは僕のせいだ。

車のほうに9割の過失があったとしても、僕には1割の過失がある。

本当なら、車にドスンと当たって、壁にごつんとぶつかるぐらいで済んでいたはずだ…。


「星島君」


俯いていると、新見が僕の肩をぱしんと叩いた。


「星島君も、初心者なんかに負けてられないぞ!」


太陽のような笑顔を浮かべる。

その笑顔に、僕が今までどれだけ勇気付けられてきたことか。


「そうだ。頑張らないと」


「よし、やるぞ!」


新見がぐっと親指を差し出して、僕も真似して親指を突き出して笑った。

本当、負けていられない。

加奈にも。新見にもだ。



0コメント

  • 1000 / 1000