071話 クラッカーにチーズとか乗せたやつ


その後、道場のメンバーと練習を始める。

 

いつの間にか、加奈と宝生さんは仲良くなっていたらしい。

加奈とおしゃべりをしながら、時折、宝生さんは笑顔を見せている。


「かなっぺ、ファン・バステンと知り合いなんだ。すげえじゃん」


口の聞き方が気になったし、何かカナッペっていう食べ物があった気がする。

ファン・バステンとは知り合いじゃないと思うけど、まあよかろう。


「もうね、ファン・バが土下座してお願いされて!」


「土下座!」


「どないしてもキーパーやってくれって!」


身振り手振りを交えて、加奈がうれしそうに語る。

突っ込みどころが多すぎる。


まず、日本語がおかしい。

それはまあ帰国子女だから仕方ないにしても、ファン・バって略し方は絶対ない。

それに、チュニジア人はたぶん土下座しないと思う。

ファン・バステンならなおさらしない。

いや、ファン・バステンはチュニジア人じゃない。

あと、どないしてもってどこで覚えてきたんだ。


「こう、びしーっとね!試合で、シュートを全部びしびしびしっととめてたらね、よっしゃ、じゃあ今度いっぺんブラジル代表と試合組んでやるって言われて」


「ファン・バステンから?」


「ううん、ええと…、ライカールト?」


「すげえ!ライカールト!」


サッカー好きなのか、宝生さんの目がきらきらと輝いている。

でもそんな簡単に信じちゃいけないと思うんだ。

意外と、ピュアなのかしら?


「そんでそんで、ブラジル代表もびしっと0点で押さえたの!ブラジルの人にも褒められたんだよ!ええと、誰だったかな。ペレ?」


「ペレ!王様じゃん!」


人物名はすべて間違っていると思う。

何かこう、適当なチュニジア人やブラジル人の名前を想像してください。

サワディー!とか。

ゴンザレス!とか。

ダ・シルバ!とか。


「そんでそんで、日本戻ってきてサッカーやろうと思ったんだけど、クラブチームのテスト受けたら落ちたの!」


「緊張して全然ダメだったんだって」


何があったのか、真帆ちゃんも宝生さんと仲良くなっていた。

というかクラブチームのテスト受けたなんて初耳だぞ。


「うー。みんなに見られてると駄目なの!」


くねくねする加奈を見て、真帆ちゃんが笑う。


「それで関カレも失敗したしね」


「あーっ!忘れたいのに!」


加奈がぷんぷんと怒って、真帆ちゃんのちょんまげをつかんでぐりんぐりんと引っ張る。

身長差も激しいし、真帆ちゃんの頭がとれてしまわないか心配になってしまった。


5分間の休憩を終えて練習再開。

基本的に、短距離ブロックの全体練習はサーキットトレーニングが中心。

バウンディングとか、立ち5段跳びとか、ボックスジャンプとか、ボール投げとか。

下り坂ダッシュもそう。

高速踏み台上り下りなんていうのもある。

主に走る肉体をつくるための練習だ。


その後の個人練習では、強化したいポイントごとに分かれる。

村上道場では、中盤までの加速を中心にメニューが組まれている。

聡志は別メニューでロングスプリント陣と一緒。

残った男子は高校の後輩の織田君と、ベースマン寺崎だけ。


ベースマンは無口で、基本的には能面だ。

これはたぶん天性のものだろう。

ときどき、にやりと笑ったりするが、いまいちキャラクターがつかめない。

ちなみに、今日の米ナスマンTシャツはピンク。


「ベースマン、今日ご飯でも行こうか」


聞いてみると、無表情のままうなずく。

付き合いは悪くないが、うれしいのかうれしくないのかさっぱり分からない。


「お、メシっすか。おごりっすか」


織田君が聞きつけて、騒ぎ出しかける。


「おごらない。おごらないけど行くかい」


「え、のぞむくんおごってくれるの?」


「おごらない!ネバー!」


「えーっ、いいじゃんたまには!」


「ノーっ!ネバーっ!」


加奈が大騒ぎしかけたので、僕は断固、否定した。

あまりにもきっぱり断ったので、真帆ちゃんはふんと鼻を鳴らした。


「本当、甲斐性ないんだから」


「あ、こんなところに卒塔婆」


ぐりぐりとちょんまげを引っ張ると、真帆ちゃんは慌ててじたばたとした。


「ピョーッ!それで供養はできません!」


とか何とか言いながら、その日は村上道場のみんなでご飯を食べに行った。

ミキちゃんは来なかったけど、聡志と織田君とベースマン、加奈と真帆ちゃんと宝生さん。


「ファン・バステンとかライカールトとか言ってたけど、あれ全部でたらめだからね」


ハンバーグをもぐもぐ食べながら、フォローしておく。

宝生さんがすっかり信じちゃってるみたいだし。

勘違いしたままだと困るから。


杏子さんならほうっておくところだろうなぁ…。


「でたらめじゃないよ!」


しかし、加奈はそう言い張った。


「ファン・バステンに土下座してお願いされたとか、でたらめじゃないならなんなんだよ」


「土下座は、盛りました!」


胸を張って、加奈は堂々と言った。

何でそんな偉そうでドヤ顔なの。


「ファン・バステンがチュニジアに来て、お前にお願いしたの?」


「チュニジアに?え、住んでるから」


「住んでる?」


「ファン・バはずっとチュニジアだよ」


宝生さんはポカン顔。

そりゃそうだ。


「えーと。ちょっと落ち着いて整理しようか。ファン・バステンってチュニジア人?」


「そうだよ。写真見る?」


スマホを見せられる。

みんなで覗き込む。


サッカーボールみたいに太い人。

加奈と一緒に写ってるけど、めちゃくちゃ若い。

多分20代くらいだ。


「これ、誰?」


と宝生さん。

そうだよね。

ファン・バステンって50歳くらいだし。

もっとスリムだし。

どう見てもファン・バステンと違う…。


「これ、あたし!」


「いやそれは知ってるんだよ。こっちは誰だよ」


「2人しかいないんだから、こっちがファン・バに決まってるでしょ!」


なぜか、怒られてしまった…。


「誰だよ、ファン・バ…」


「ファン・バじゃない!ファン・バ!」


「あんだって?」


「ン・ハ・ン・バ! nmhanbba!」


「ンハンバ」


「違う、ンハンバ!ンハンバ・ステーン!」


「いや発音はどうでもいいけど…、オランダ人で、ファン・バステンって知ってる?」


「オランダ人?オランダ人なんて、ピカソしか知らない~」


それまで黙って聞いていた真帆ちゃんが、丁寧に口をぬぐう。

そして、加奈の耳をぐいっとつかんだ。


「ピカソは、スペイン人っ!」


「ありゃ?」


知らなかったから、突っ込んでもらえて助かった…。


「ンハンバさんて、何者?」


「ASCチュニジアの女子チームの偉い人」


「そう…、じゃあライカールトは?」


「ライカールトは、ASCチュニジアの女子チームの偉い人。写真はないけど」


まあ見なくても分かる。

絶対別人だ。


「じゃあペレは?」


「ペレは、この人!」


写真を見せてもらう。

加奈と一緒に写ってるおじさん。

おじいさん?


「ペレじゃん!」「本物かよ!」


まさかの、ご本人様登場。

思わずずっこけてしまいました…。

0コメント

  • 1000 / 1000