070話 インカレに向かって


8月に入っても、僕は寝坊ばかりしていた。


その日も、朝早く起きたけどパンを食べたら眠くなり、あとちょっとだけ寝ようと思ったら、予想どおり寝坊してドイツ語の講義に出れなかった。

寝坊なのに予想どおりというのもおかしいが、実際そうなのだから仕方がない。

夜、暑くてなかなか寝付けなかったのが原因だ。


ともかく、怖いくらい天気がいい日だった。

2時過ぎの電車に乗って、のそのそとトラックに顔を出す。

既に、何十人もの陸上部員が練習に励んでいた。

健康すぎるほど健康的だ。


「おはよーっす」


「ういーっす」


暑すぎるが、気合いを入れて部室で着替える。

グラウンドに出てアップをすると、タイミングよく短距離ブロックの練習が始まった。


最近、みんないつになく真剣だ。

いつも、くだらない話ばかりしている高柳さんですら、真面目な顔で取り組んでいる。

高柳さんなりに。


「日本選手権、相当悔しかったらしいぜ」


途中で、荒川さんがこっそり耳打ちしてくれた。

高柳さんは、決勝どころか準決勝で落ちてしまった。

現実はなかなかに厳しい。


「いいよな、こういう雰囲気」


と荒川さん。熱血が大好きな人だ。


「そうですね」


「ま、あれもあるだろうけどな」


荒川さんはくいっとあごで示した。

僕の背後で、本間君が汗だくになって目を光らせていた。


7月末、パリで開催された世界ジュニアに出場した本間君は、見事決勝に進出。

自己ベストの10秒25を出して銅メダルを獲得した。


これはまさに快挙といっていい。

世界ジュニアで銅メダルですよ、旦那。

アメリカ人やジャマイカ人にまざって、堂々の銅メダル。

ニュースで大々的に取り上げられ、短距離のホープとして注目を浴びることになった。

兄で日本記録保持者の本間隆一と一緒に特集番組が組まれるなど、兄弟スプリンターとして陸上ファン以外にも認知されつつあるようだ。


ただ、個人的には、後輩の活躍を素直に喜べない部分もあった。

高柳さんも同じ気持ちなのだろう。

僕は本間君を勝手にライバル視しているし、当然の感情のような気もする。

だけど、ひょっとすると器が小さいだけなのかもしれない…。


「別にいいんじゃない、それで」


全体練習が終わってから、思い切ってミキちゃんに話してみるとそんなふうに言われた。


「星島君は、そのくらいでちょうどいいと思う」


「そうかな」


ちなみに、日曜日の記録会は、追い風0.3mで10秒44だった。

まあまあのタイムだろう。


もちろん、目の前の記録会でいい結果を残すのも大事だ。

しかし、じっくりとトレーニングを積んでいく必要が今の僕にはある。

一方で、最大の目標はインカレ出場権の獲得にある。


ここにジレンマがあるわけだ。

じっくりレベルを上げて魔王に挑めばいいゲームとはわけが違う。


「インカレ出たいなあ」


「頑張って」


「出れるかな」


「大した倍率じゃないでしょ」


100mには3人しか出られない。

最近の成績から考えると、僕と高柳さん、荒川さん、本間君の争いになるだろうか。

もちろん、8月末までにタイムを更新する選手が出てくるかもしれない。

油断はできない。

だが、本間君は確定だろう。

おそらく高柳さんも選ばれると思うので、荒川さんか僕か。

それともほかの誰かか…。


「おれが監督なら、4年生2人と本間君を選ぶなあ…」


「いつから監督になったの?」


「…ごもっとも」


アピールするチャンスは残り少ない。

だけどどうにかして、インカレの代表に潜り込まねばと思った。


「よし、じゃあ今日もやろう」


「そうね。死なない程度に」


うん。

うん…。

ミキちゃんは言ったけど、つまりそれは、死ぬ寸前までやるということでしょうか…。


戦々恐々としながら練習再開。

いつものように村上道場のメンバーがトラックの隅に集まると、久々に加奈が合流した。

関東インカレで肉離れを発症してから、別メニューで筋トレばかりしていたらしい。


気のせいだと思うけど、一回り大きくなったようにも見えた。

身長も、187センチあるベースマン寺崎と同じくらいに見える。


「お前、ひょっとして背伸びた?」


聞いてみると、加奈は唇をとがらせてぶんぶんと首を振った。


「伸びてないよ」


「身長いくつ?」


「ひゃくは…、な…、きゅうだもん!」


脳みそは成長していないらしい…。


「いいなあ、加奈ちゃん。背高くて」


真帆ちゃんが見上げながら言う。

真帆ちゃんは、ちょんまげを含まないと155センチくらい。

平均的な女子の身長ではあるが、スプリンターとしてはかなり低いほうだ。


「モデルとかもできそうだよね」


「え。そっかな?」


「パリコレとか出れるかも!」


「わーい!」


手をつなぎ、二人でぴょんぴょんと飛び跳ねて喜んでいる。

まあ想像するだけなら勝手だが、背が高けりゃ出れるというものでもないと思うんだ。


村上道場の近況だが、最近、ベースマンは110mハードルの練習をしている。

略してトッパーとも言う。

高校時代もやっていたそう。

背丈もあるので、また本格的にやってみようということらしい。

筋も悪くないようだ。


真帆ちゃんは先の日本選手権を見ても分かるとおり、成長著しく、末頼もしい。

このまま続けていけば文句なし。

身長はもう完全に成長が止まっているけど。


織田君は、10秒台を目指して懸命に努力している。

まだ2年生なので、焦らなくてもいいと思う。

きっと、伸びてくるのはこれからだ。


宝生さんは相変わらず金髪で見た目は怖い。

だけど、ミキちゃんが怖いのか、最近はずっとヒヨコのままで大人しい。


そして、聡志は今日から別メニュー。

とりあえず300mを20本とか恐ろしいことを言っていて、織田君が驚いた表情だった。


「ひえ。そりゃきついっすね」


「400mに転向?」


聞いてみると、聡志は斜めに首を振った。

自分でもまだ決心が付いていないようだ。


「いや、長いほうが向いてるんじゃないかって言うから。200mか、400mか…」


聡志はちらっとミキちゃんのほうを見た。

少し離れていて聞こえていなかったようで、ミキちゃんは加奈に何か指導している。


「なるほどねえ…」


「メニューを見て早くも後悔中」


「頑張れベラルーシ人」


「山梨な」


切り返しにもキレがなかった。

ため息をついて、聡志は肩を落としながら400mの選手たちのほうに歩いていった。


僕だって陸上選手だから、走ることは苦にしない。

だけど400mの練習だけは勘弁願いたい。

それほどきつい種目なのだ。

だってもう本当に死にそうになるんです。


「星島君も一緒に行ってきたら」


いつの間にかミキちゃんが隣に来ていて、僕に囁いた。

実は聞いていたらしい。


「いや、おれは、体調崩すといけないから」


手を振って慌ててその場を離れる。

冗談だと思うけど、今日はなるべくミキちゃんには近寄らないようにしようと思った。

0コメント

  • 1000 / 1000