067話 ベースマンは我関せず


優勝した杏子さんが、猫をかぶってインタビューを受ける。


その後、みんなでサブトラックの手前に行くと、水沢さんと取り巻きの女の子が数人いた。

相変わらず、ファンクラブ会長の藤崎小春がいてじろりと僕を睨む。

どうも、親の仇のように思われているらしい。

この間なんか、学食で思い切り足を踏まれてしまった…。


「あ、応援来てくれたんですか?」


水沢さんが首を斜めにして笑顔で会釈すると、つられて何人かが会釈をする。

取り巻きの中にも、普段から、明るくあいさつしてくれる子はいる。

みんながみんな藤崎小春みたいな子ではないのだ。

全員あんな感じだったら大変です。


「杏子さん来た?」


「あ、まだですけど、レースどうでした?」


「勝ったよ!日本一!」


「優勝?すごい!」


ぞろぞろと集まっていたので気付いたらしい。

チームライテックスのトレーナーらしき男性を置き去りに、競技場のほうからやってきた杏子さんが、全力で400mを走り終えたばかりだというのに、元気よく、満面の笑顔で駆け寄ってきた。


「やったーっ!」


杏子さんはいつになく無邪気だった。

うれしそうに僕らとハイタッチをして喜ぶ。

青春というか、とにかく美しい光景だ。


「星島に充電してもらったおかげ!」


「充電って?」


余計なことを聡志が聞く。


「充電!こう!」


杏子さんはどすんと僕にぶつかってきた。

背中に手を回してぎゅっと抱きつくと、ぐりぐりと自分の頭を押し付ける。


「んー。再充電!」


「ちょっとちょっと」


「いいなあ…」


おそらく。

たぶん、無意識だったと思うけど、そう呟いたのは水沢さんだった。

ぴくりと杏子さんの体が動いて、僕の顔を見る。

それから水沢さんを見て、ウヒヒと笑った。

何だか嫌な予感がした。


「咲希もしてもらえばいいじゃん。ほら」


杏子さんは僕の体をぐいっと水沢さんにほうに押し出した。

水沢さんは顔を真っ赤にして、それから慌てて手を振った。


「違います。甘えられる相手がいていいなあって」


「ちょっとだけ貸したげるから」


「いえ、でも」


「げん担ぎ。効果抜群だよ!」


僕の意見は聞いてくれないらしい。

水沢さんはちょっと困ったようだったけど、じっと僕の胸を見た。

それからちらりと僕の顔を見て、首を傾ける。


「じゃあ…、ちょっとだけ、いいですか?」


「え、いや、いいけど」


「すみません」


僕の胸に手を当てて、ぺたっと体を寄せる。

杏子さんが抱き締めろというジェスチャーをしている。

おそるおそる水沢さんの腰に手を回すと、水沢さんも僕の背中に手を回した。

杏子さんはむちゅっと唇を出してキスしろとせっついたが、それは無視した。


しかし、そのとき、僕は見た。

見てしまった。

何でいつもお前ばかり、と目で訴える聡志と織田君を。

数十人の無表情の女の子の凍てつくような視線を。

そして、視線で僕を殺そうとしている藤崎小春の鬼の形相を。


(う。あとが怖い…)


時間としては、ほんの10秒くらいだったかもしれない。

うれしいやら怖いやら、雑念ばかりだったけど、水沢さんの髪はとてもいいにおいがした。

細身で、折れてしまいそうなほど華奢だったけど、とても柔らかかった。

今日は、くろすけの野郎がいないので邪魔は入らなかった。


とにかく杏子さん、ありがとう!


「どう?」


杏子さんがくりくりと頭を撫でると、水沢さんは顔を上げて恥ずかしそうにほほ笑んだ。


「充電できたかも」


「でしょ?」


そんなわけはないが、満足したのか水沢さんはぱっと離れた。

それから僕を見てほほ笑んで、髪を直す。

お互い、何だかものすごく照れてしまった。


「さて。ダウン行こうかね」


「私も、コール行ってきます」


「また後でね!」


杏子さんはサブトラックに戻り、水沢さんはラストコールに出かけていった。

一人の女の子には舌打ちをされ、藤崎小春にはどすんと突き飛ばされる。

でも、最高に気分がよかったのでこれっぽっちも気にならなかった。

どちらかというと、僕が充電してもらった気分だ。


「とりあえず、星島だけ帰りは歩きな」


聡志がプログラムを丸めてぽくぽくと僕の頭を叩く。

気持ちは分からなくもない。


「歩きかよ。せっかく女の子紹介しようと思ったのに」


「え…、マジ?」


「うん。彼氏募集中の子」


急に聡志の鼻息が荒くなる。


「え、誰?ゼミの子?」


「知香ちゃん」


「紹介してもらわなくても知ってるよ!」


「さすが星島さんですねえ。女たらしまくりですね!」


金子君のおべっかも、若干、とげがありました…。

0コメント

  • 1000 / 1000