064話 ピヨピヨ軍団


翌週、僕は個人選手権に出場した。

関カレやインカレと比べると一枚レベルが落ちるが、それでもタフな大会だ。


その中で、初日の予選は10秒51で2着、2日目の準決勝は10秒43で1着。

決勝は10秒47で3着と、素晴らしい成績を収めることができた。

優勝はできなかったけど、軽い向かい風の中、10秒4台で2本走れたことは大きな自信になった。

春季トライアルの10秒36がフロックではないことが分かったからだ。


それに、公認記録では10秒49が自己ベストだったから、それを破ったことにもなる。


「うはよーっす」


「ういーっす」


練習前、部室で着替えていると織田君が入ってきた。

右手に陸上競技ジャーナルを持っている。

僕は別に何も言わなかったんだけど、見たそうな顔をしていたのか、僕に差し出してくる。


「読みますか?」


「あ、うん。サンキュー」


今月号は、高総体の各地区ブロックの結果がメイン記事だ。

巻頭カラーで特集されていて、「武藤清春(埼玉星明)10秒19で全国へ!」の文字が躍っている。

次から次へと、新幹線みたいな後輩が出てくるのは困ったものだ…。


個人選手権のリザルトは1ページだけ載っていたが、特に注目すべき内容ではなかった。

男子100mのところに「3位の星島は、今まで目立った活躍はないが伸び盛りの選手だ」と何の確証もない希望的憶測が書いてあったぐらいだ。

でも、ちょっとうれしいぞ!


もっとも、女子100mで見事に優勝した真帆ちゃんのほうが扱いが大きい。

11秒78。ちょんまげ頭の写真まで載ってやがる…。


「さー。練習練習練習」


肩をぐるぐる回しながら本間君が入ってくる。

こっちはこっちで、7月に世界ジュニアを控えていて、最近、気合いが入っているようだ。

直前にはドイツで調整するらしい。

ドイツですぜ、旦那。

うらやましいったらありゃしない…。

 

大会にグレードを付けるとすれば、オリンピックや世界陸上が最高レベルに当たる。

世界ジュニアや世界ユースはその次で、次世代のスターたちが争うハイレベルな大会だ。


(世界ジュニアかあ…)


羨ましいが、僕はとにかく目の前のレースを戦っていくしかない。

とにかく一歩一歩、こつこつと前進していくしかないのだ。


「よーし。やりますか」


珍しく空気キャプテンの十文字が仕切って、短距離グループでの全体練習。

それが終わると個人練習だ。

雨が降りそうだったけど、いつものようにトラックの隅のほうに集まる。

村上道場だ。

そこに、1年生の2人、ベースマン寺崎と宝生亜美が初参加した。


「よろしくっす」


「よろしく」


ベースマン寺崎は上背があり、インターハイで準決勝まで進んだ選手。

だけど、それほどの実績を持つ選手ではない。

デザインとか好きみたいで、今日も米ナスマンTシャツを着ている。

色違いで何枚かつくったらしい。

気にいったのか、知香ちゃんがたまに着ている。


「ちっす」


「ち、ちっす…」


宝生亜美は、線が細く、金髪で目つきの鋭いスプリンターだ。

まるで猛禽類である。

どちらかといえば、スプリンターよりストリートファイターという感じだ。

どこで道を間違えたのだろうか…。


藤崎小春ほどではないが、水沢さんと仲がいいというだけで、僕を敵視しているみたい。

ときどき睨んでいるような気がする。

例えば、今…。


「お、織田君見てあげてね」


「おれすか」


聡志は離れたところで知らんぷりをしている。

真帆ちゃんは、宝生さんとあまり仲が良くないようだ。

加奈は関カレで肉離れを発症してから別メニュー中。

いやそれ以前に、人に教えるのは無理そうだ。


必然的に、面倒を見るのは僕か織田君の役目なのだが、宝生さんはふんと鼻を鳴らした。


「別にいいよ。適当に一人でやってるから」


大学生なのに、思春期の中学生みたいだった。


「ん?」


「いいって、わざわざ見てもらわなくても」


言い草に、織田君ではなくて、真帆ちゃんがカチンときたらしい。


あからさまに顔色が変わったので、僕は慌ててちょんまげをつかもうと右手を伸ばした。

気付かれて、振り向きざまびしっと手を払われてしまう。

左手を伸ばすと、左手もびしっと払われる。

また右手、左手とびしばし攻防を続けると、だんだん楽しくなってきたのか、真帆ちゃんはきゃあきゃあと声を上げて逃げながら笑顔を見せた。


「何してるのよ」


ミキちゃんがやってきて、ふざけている僕たちを睨みつける。

あっという間に、真帆ちゃんの笑顔は凍りついてしまった。


「いえ、宝生さんが、わざわざ見てもらわなくても一人で練習するからいいって」


真帆ちゃんがピヨピヨと告げ口すると、ミキちゃんが眉毛を持ち上げて宝生さんを見た。

ミキちゃんが怖いのは、なぜだろう。

怖いもの知らずに見える宝生さんも、ミキちゃんに圧倒されて思わず息を呑んだ。


「どういうこと?」


「な、何でもない」


「何でも、ない?」


半歩、ミキちゃんが近寄って、半歩、宝生さんが下がる。

社交ダンスみたい。


「にゃ、何でもないです」


「何でもないっていうのは?」


「じょ、冗談です、ごめんなさい」


ミキちゃんが、じろりと僕たちを睨み付ける。

そのまま何も言わずに戻っていったが、宝生さんは涙目で、ぷるぷる震えていた。

さっきまで猛禽類だったのが、ひよこになっている。


「こ、こ、こ、コエーっ」


笑いが起きる。

宝生さんとも、何とかうまくやっていけそうな気がした。

0コメント

  • 1000 / 1000