051話 春



やがて、春のにおいと同時に、別れと出会いの季節が近付いてくる。


納会の日。

駅裏の居酒屋に、新見を除く絹山大学陸上部員およそ52名が勢ぞろいした。

聡志と2人で少し早めに到着すると、2階の和室にずらりと料理が並べてあった。

居酒屋といっても、チェーン店ではなくて、個人経営の店。

毎年、納会はここで行われているが、料理がうまい。

ボリュームもたっぷり。


飲むよりも食う、それがうちの常識です。


「ほしじまーっ。ここ、ここ」


杏子さんが手を振って自分の隣を示す。

 

まだ始まっていないのに勝手に飲んでいるらしい。

ビール瓶が何本も並んでいる。

明日は卒業式だというのに、ペースが早い。


杏子さんの隣に座ると、前に座っていた水沢さんに会釈される。


「お、お邪魔します」


水沢さんの右隣が知香ちゃん。

杏子さんの右に千晶さん。

女の子ばかりでちょっと恥ずかしい。


「ま、ま、ま、駆けつけ1回」


「1回?」


「フレンチキッス。ん、ん、いつもみたいに」


「し、して、してません。してませんからね!」


若干動揺しつつもとりあえずお約束。

笑いが起きたところで杏子さんにビールを注がれる。

アルコールなんか、久しぶりだ。


「そのかけあい見れなくなるのさみしいなあ」


聡志が言うと、杏子さんが僕の頭をすりすりと撫でた。


「そうなのよ。星島もさみしい?」


「ええ。まあ…」


「そっかあ」


あの日、確かに僕は杏子さんと一つになった。


だけど、その後は何もなかった。

杏子さんはいつもどおりで、夢だったかと思う。

でも、滑らかな肌の感触もしなやかな肉体も体内の温かさも、鮮明に覚えている。

杏子さんは無性に優しくて、無性に温かかった。そして、僕を許してくれた。

でも、杏子さんがどんなつもりでそうしたのか、僕には分からなかった。


あれこれ想像しながらちびちびビールを飲んでいると、徐々に人が集まってきた。

6時からということだったが、その時間になっても空席が目立った。

遅れてくる人もいるのだろう。

時間なので、一応、始めることにしたらしく高柳キャプテンが立ち上がる。


「えー。まだ来てない人がいますが、絹山大学陸上競技部納会を始めたいと思います」


一堂、万雷の拍手。

口笛を吹いているものもいて、早くも盛り上がっている状態だ。


「4年生の皆さん、今まで本当にお世話になりました。卒業して陸上をやめる方も、続けていく方も、心の中に絹山魂を持って頑張ってください。そして、きっとまた、どこかの競技場でお会いしましょう。では、絹山大学陸上競技部員の未来に、乾杯!」


高柳さんにしては珍しく、キャプテンにふさわしい素晴らしい音頭だった。

全員が乾杯して、大きな拍手が起きる。

あとは、結婚式のようにいろんな人からのあいさつがあるわけでもなく、無礼講だった。


まずは料理。

目指すは肉だ。

大皿に盛られたから揚げが、次々と胃袋の中に消えていく。

ジャガイモとベーコンのやつもうまい。

ぺらぺらのベーコンじゃなくて、ゴロゴロのベーコンだ。

しょゆバター風味。

それと、ビーフンのサラダもうまい。

全部うまい!


ちなみに店主さんは、絹大のOB。

元公式野球部で、栄養や食材にもこだわっているという。

絹大の体育会系の宴会は、大抵この店。

うまいしお腹いっぱいになるし安いもの。


まあ、ジャガイモとか鶏肉とかビーフンとか、出てくるのは安い食材ばかり。

中トロとかカルビとかはありません。

おいしいからいいけどね!


「枝豆ウマー!」


夢中になって聡志が食べている。

冷凍のやつじゃなくて、とりたて、ゆでたて。

そんなのうまいに決まってる…!


「星島、世話になったな」


4年生の槍投げ選手、田畑幸雄さんがビール瓶を手に回ってくる。

納会では、4年生が下級生のところを回るしきたり。

杏子さんも、いつの間にやら立ち上がって向こうのほうでおしゃべりしている。


「こ、こちらこそお世話になりました」


半分残っていたビールを飲み干すと、3分の1だけ注がれる。

3分の1ルールもうち独自かも。

それをぐいっと飲み干すと、頭をぐりぐりと撫でられる。


「星島君!まー飲んで飲んで」


次に来たのは、女子100mハードルの山川恵美さん。

ビールを注がれて、ぐいっと飲むと頭をぐりぐり撫でられる。


「星島!まー飲め!」


次はロングジャンプの石井明さん。

飲むと、また頭をぐりぐり撫でられる。


なんか慰められてるみたい。

新見の事件があったから、元気付けようとしてくれてるのかも。

さすが4年生、大人だなあと思った。

もし僕が、織田君辺りと役割を交代したらどうだろうか。

織田君を慰めて元気付けてやること、できるだろうか。

そういうキャラじゃないし、うまくいかないかも…。


「星島」


次にやってきたのは、前キャプテンの柏木さん。


「お、お世話になりました」


「村上にふられたんだってな」


鼻の穴にビールが入った。

向こうのほうで杏子さんとその取り巻きが、こっちを見ながらニヤニヤヒソヒソしている。

思わずバタンとひっくり返ってしまう。

もうやだ、あんな先輩…。


0コメント

  • 1000 / 1000