047話 風邪をひいた結果



寝て起きると、体はすっかりよくなっていた。


杏子さんから、早速、体調を心配するメールが来ていたので、お礼のメールをする。

すぐに、無理しないでもう一日休んでたらと返事が来た。

調子は悪くなかったので、大丈夫ですと返信して、僕はお昼すぎにアパートを出た。


いつものように絹山駅まで歩いていって電車に乗る。

いつものように金谷山駅で降りて大学への坂道を歩いていく。

健康って、いいものだ。 

冬休みなので人影は少なかったけど、ミネラルウォーターを買いに学生協に行くと、偶然、ゼミの友人Aに出会った。


「ほしじまーっ。今日合コンやるんだけどこね?」


友人Aはいかにも大学生らしい大学生。

だけど、スポーツマン星島に遊び歩いている余裕はない。

いや、多少はあるけど合コンには興味がない。

そもそも、知らない子と話して何が楽しいのだろうか。

気心の知れた仲間と遊んでいたほうが楽しい気がするのは、人見知りのせいだろうか。

とにかく、行ったことがないから分からない。


ま、どっちにしろそんなお金はないんだけど。


「行かない」


「短大の子だぞ」


「行かないってば」


断固として断ると、友人Aは変な顔をした。


「ひょっとして、星島って女嫌い?」


「そんなことないけど、わざわざ合コン行かなくたって陸上部は美人ぞろいだもんね!」


しかも誰も彼も恋愛している様子がない。

絹大陸上部七不思議のうちの一つだ。


「ふーん。それを見てるだけか」


「うるさい。こう見えてもてるんだぞ」


「誰にだよ」


「誰にって…」


杏子さん。

それと…、それと…。


「ぜ、全員だよ全員!」


「嘘もそこまであからさまだと気持ちいいな」


「ぺっぺっぺ」


友人Aと別れてトラックへ。

階段を下りると、ウインドブレーカーを着た女の子が僕のほうにいっぱい走ってきた。

友人Aを呼んで見せてあげたいくらいだ。

今までずっと隠していたけど、実はいつもこうなのだ!


そんな妄想をしながら部室へと歩いていく。

走ってきた長距離の選手は、コーナーを曲がって僕から逃げるように走り去っていった。


着替えて、ウォーミングアップ。

とにかく寒いので、ケガをしないようにじっくりと体を温めなければならない。

途中で聡志が来たので一緒に組んで柔軟をする。

お尻が冷たいとかそんなことは言っていられない。

本当、ケガをしたら元も子もないのだ。


「うー。寒い寒い寒い寒い寒い」


「あ、おはよーっす」


柔軟が終わったあたりで杏子さんと千晶さんがやってくる。

杏子さんは僕の肩に手を置くと、くるりと部室のほうを向かせた。

背後から、ぴったり寄り添って背中をごしごしさする。


「な、なんですか」


「風よけ。寒いんだもん」


「そうですか…」


「風邪よくなった?」


「うん。杏子さん、ありがとね。千晶さんも」


にこりとうなずく千晶さん。

ごしごし擦る杏子さん。


「念のためさ、二人で体あったまることしない?」


「じゃあとりあえずアップしてきてください」


「いやーん。寒い寒い寒い」


大騒ぎしながら、千晶さんと一緒にアップに出かけていく。

ぼーっと立っていると寒いので、僕たちも軽く流すことにしてトラックに出た。


徐々にメンバーが集まってきて、いつものように合同で練習。

それが終わると個人練習に移行し、村上道場のメンバーで練習をする。

動いているとだんだん暖かくなってくるが、やはり寒いものは寒い。

本間隆一とか一流選手は、フロリダでキャンプだって。

新見も来週からオーストラリアとかいってたし、羨ましい。


それはともかく、動いている人間はいいが、ミキちゃんはすごく寒そうだった。

吐く息が真っ白に凍りついている。


「寒いでしょ。大丈夫?」


「大丈夫」


一応、手袋をして、厚手のベンチコートを着ている。

マラソンや駅伝の選手が、走り終わったときに着るような厚手のアレだ。

背中に、絹山大学陸上競技部のロゴが光る。


「星島君こそ、風邪大丈夫?」


「あ、うん。寝て起きたら治った」


「そう。ならいいけど」


「心配かけてごめんなさい」


「ちゃんと体調管理しないと駄目よ」


「うん」


言われると思った…。


「でも、39度も熱出たの初めてで、びっくりしたよ」


深い意味はなく言っただけなのだが、ミキちゃんは目を見開いた。


「え、昨日?」


「あ、うん」


「大丈夫だったの?」


「大丈夫じゃなかった。死ぬかと思った」


「そりゃ、39度も出たら…」


驚いたように、ミキちゃんは片眉だけ持ち上げて僕を見た。

それから、しばらく黙っていたけど、周囲をちらっと見回してから、ふうっと息をついた。

 

みんなに聞こえないように、小さく囁く。


「次からはすぐ電話するようにして」


「うん。ミキちゃんに?」


「心配だもの。あとで番号教えるから」


あっさり、電話番号をゲット。

ミキちゃんの、電話ばんごおおおっ!


「今日はあんまり無理しちゃ駄目よ」


「はい」


うなずいて、練習再開。


スタートから加速、30m。走り終わって、くるくる。

バウンディングして、戻ってきて、くるくる。

筋トレして、くるくる。

もうとにかくその日は、浮かれて、僕はあちこちでくるくると回り続けたのだった。

0コメント

  • 1000 / 1000