042話 譲り合いの精神0%


お金、足りるかな…。

さりげなく財布の中身をチェックしつつ、駐車場まで歩いていって聡志の車に乗り込む。

 

全員におごるなんて、大変だ。

でも、偶然にも水沢さんの隣になってちょっぴり幸せも味わった。

急カーブで水沢さんが倒れてきて、僕と密着したのだ。

これなら、おごるくらい、安いものだ…!

 

男なんて所詮、そんなものである。


「言っとくけど、おれ、そんなに金ないからな」


一応、念を押すと、加奈が唇をとがらせた。


「牛丼じゃないの?」


「いや、牛丼なら全然いいんだけど…」


「げげげ。女の子を牛丼に連れてくとかありえないんだけど」


知香ちゃんが言って、水沢さんは少し首をかしげた。


「別に、無理にごちそうしていただかなくても」


そう言われると先輩としてはつらいところだ。

加奈が後ろを振り向いてぐいっとガッツポーズをした。


「のぞむくん、がんば!」


「お前は黙ってろ」


水沢さんさえいなかったらよかったのだ。

牛丼を食わせてあとは公園で水を飲ませておくとか、そんなのでよかった。

安いだけがとりえのフェミレスとかでもよかった。


でも、こう、やっぱり、美人の前ではちょっとでもかっこつけたいのが男なわけ。


「ハンバーグでいい?」


ま、かっこつけると言ってもその程度だけど、例の店。


「いいっすよ」


「わーい!」


誰も異論はないようだった。


そのまま、郊外のハンバーグレストランへ。

ファミレスを想像していたのか、予想外の店に女性陣は驚きつつうれしそうだった。

ドイツ人シェフを横目で眺めたり、内装を見回したりしている。


「星島くんでも、こんなおしゃれな店知ってるんだねえ」


知香ちゃんが言うと、水沢さんも頷いた。


「素敵です」


「そう?やっぱり?」


「星島くんのことじゃないっての」


「やっぱり…?」


「星島さんも素敵ですよ」


水沢さんに微笑で言われて、体はともかく心はくるくる回った。

そんなこと、言われたの、生まれて初めてだ!


「よーし。もう、みんなじゃんじゃん好きなだけ頼んでくれ!1人1000円以内で!」


「へえ。星島くん、いつになくすごいじゃん」


「まあね!」


「星島くんの1人1000円って、普通の人の1人1万円ぐらいだよ。こりゃ相当すごい」


「まあね…」


知香ちゃん、そういう言い方はないんじゃないのかな。

まあ、合ってるけどさ…。


とりあえずあとで単発のバイトを探すことにしよう、そんなことを考えながら注文。

僕は、ジャーマンポテトとソーセージのセットを頼んでみた。

ジャーマンポテトが美味しそうだったのだ。

おしゃべりしながら待っていると、奥さんらしい日本人が料理を運んでくる。

湯気がものすごくて、それが食欲をそそった。

ファミレスとかのハンバーグとは違って、とにかく肉の味がすごいのだ。


「あ、美味しい」


と水沢さん。

味にうるさそうな知香ちゃんも満足そうにうなずいた。


「うん。うまいうまい」


「これはうまいっすね」


味は好評のようだった。

こういうとき、評価が高いと連れてきたほうもうれしくなる。

だってもう、このソーセージは間違いない。めちゃくちゃ美味しいのだ。

ジャーマンポテトも想像していた以上に美味しくて、僕はとても幸せだった。


それから、席が水沢さんの隣でちょっぴり幸せだった。

男なんて所詮、そんなものなのだ…。


「ごちそうさまでしたーっ」


食事を終えて、聡志に絹山駅まで送ってもらう。

僕もそこで降りて、同じ方向の知香ちゃんと一緒に歩いていった。


真っ暗で表情はよく分からないが、ご機嫌なのか、知香ちゃんは何か鼻歌を歌っていた。

ひんやりとした風が坂の上から吹いてきて、それが二人の間を通っていった。

夜は少し肌寒い。

秋の匂いを感じられる時期だ。


「あ」


信号を渡りきると、知香ちゃんはひじでつんつんと僕のわき腹を突付いた。


「星島くん、そういえば咲希とデートしたんだよね」


「え。してないよ」


「うそばっかり。学祭のときしたんでしょ」


杏子さんみたいに、知香ちゃんはニヒヒと笑った。


「なんだ、ずいぶん前の話だな…」


「付き合ってるの?」


「いやいや全然。たまたま一緒になっただけ」


「だよね。星島君なんかじゃ咲希と釣り合わないよね」


「神さまごめんなさい。おれは生まれて初めて女性を殴ります」


「専守防衛!」


すかさずボディーを数発殴られる。

なぜ、僕は罵られ、殴られているのか。


「水沢さんってさ、最近どうなの?」


逆に聞いてみる。


「どうって?」


「高跳びのことでいろいろ悩んでたから」


「あ、うん、フィジカルはすごいと思うよ」


「ほう」


「背は高いしバネもあるし、身体能力はすごいと思うけど」


「けど?」


「技術が全然追いついてない感じ」


「そうなんだ」


「でも、最近は練習にすごい集中できてるし、これからすごいどんどん伸びると思うよ」


「へー」


「あたしなんか、あっという間に追い抜いていくと思うなあ」


知香ちゃんはすごいを連発して、僕は何だかほっとした。

今まで、何人もの選手が陸上部を去っていった。 

やはりそれは、とても寂しいものなのだ。


「てかさ、もうそんなことまで相談される仲なの?」


「いや、別に。たまたま」


「ふうん。みんなにしゃべっちゃお!」


「ん?」


「杏子さんと、沙耶と、ミキちゃんに。デートのこととか、いろいろ相談してるとか」


「黙っててもらえませんか」


途端に、知香ちゃんの表情が悪人になる。


「ご飯3回だね」


「ひどい。おどすつもり?」


「あてもナニワのあきんどやさかいのう!」


「そこを何とか1回で」


「3回!」


「1回!」


「3回!」


「い、1回に、デザートつける!」


「3回!」


「に、2回!」


「3回!」


「譲る気ゼロなのね…」


結局、食事1回にデザートを付けるということで話はまとまった。

絶対、牛丼にしようと思った。

0コメント

  • 1000 / 1000