029話 おそらく不可


日本選手権が終わり。

7月になると、我が絹山大学では誰もが待ち構えていたイベントが始まる。


そう、真夏の思い出、前期試験だ!


(はうーっ…)


絹山大学には経済、人文、教育の3学部があって、教育学部の中にスポーツ教育学科というのがある。

スポーツ推薦の選手は大抵そこなのだが、僕は経済学部に普通入学してしまったわけで。

まあ、なんというか、端的に言えば大変だ。

マクロ経済学とかミクロ経済学とか、経済学原論とか経済史とか。

とにかく、難解なカリキュラムを取得しなければならない。


これは僕にとってはかなりの拷問だ。

まあ、難解じゃないカリキュラムなんてないんだけども。


「知香ちゃん、待って待って待って」


練習前。

部室のほうに走っていくと、ちょうど、知香ちゃんがジャージに着替えてアップに行こうとするところだった。

陸上部の中では数少ない経済学部の一人だ。


「げ。何?」


変な、スペシウム光線が出るみたいな構えをする知香ちゃん。


「げって何だよ、げって!」


「だって今、押し倒そうとしてたじゃん!」


「してない。変なこと言うと押し倒すよ!」


「やっぱりっ…!」


「いやいや、じゃなくて。真面目な話」


「ふーん。彼氏なら募集中だよ?」


「それはあとで誰かに応募させるとして、お願いがあります」


「誰に応募させんの?」


「えーと、聡志とか」


「ない!橋本君はないな~」


即効で拒否られる聡志。

ちょっとかわいそう…。


「じゃあ、織田君とか?高校の後輩」


「ないな~。仲浜出身とかないわー」


「俺も仲浜なんだけど…、ケンカ売ってる…?」


「専守防衛っ…!」


いきなり、笑顔で殴られる。

え、僕、なんかしましたっけ…。


「いやまあそれはどうでもいいんだけど、お願いがありますです」


「うむ。申してみよ」


知香ちゃんは偉そうにぐいっと胸を張った。

ひょうきんな性格で、陸上部のお笑い担当だ。

高跳びの選手なので、スタイルはそこそこいい。

165センチくらいあって、ショートカットで、明るくてわりと可愛い。


けっこうもてるって、本人は言ってます。

あくまでも自称。

でも彼氏いないんでしょ、あーた…。


「授業のノートを、貸してほしいのでありんす」


「ほほう。何を?」


「農業経済論と商業経済論と、あれば経営戦略論」


「ふむ。ご飯3回かな」


「そこを何とか一つ、知香様のご厚意で」


「あてもナニワのあきんどやさかいにのう」


ひらひらと、扇で自分をあおぐ真似をする知香ちゃん。


「秋田出身の…、秋田美人のくせに」


「わざわざ言い直してもあきまへん!」


その後の交渉でどうにか、ご飯を2回ごちそうするということで話はついた。

すぐにノートを借りて、とりあえず一安心だが問題はここからの勉強なのだ。


経済学部のテストは、頑張って基礎を抑えておけば可は取れる。

別にいい成績を残そうとは思っていないから、可でいいの。

単位取れればいいの。

卒業さえできればいいの。


しかし、可を取るのもきつい科目がある。

第二外国語であるドイツ語だ。


「はわわわわわ」


勉強の休憩中に、マンガを読み始めてしまうこと数十回。

あっという間に試験の日がやってきて。

びくびくしながらドイツ語の試験を受けてみると。

何と問題は一問だけで、ドイツ語で城についての思い出を書けというものだった。


まず、まずですよ。


英作文すら怪しいのに、ドイツ語作文なんて、そんなもの、できるわけがない。

城って単語は、問題文に書いてあるから分かった。

でも、必死に頑張ったところで、城に好きだす、仙台城が行ったことにありんすよ、くらいしか書けない。

つまり、意味は伝わるが文法的に怪しい感じだ。


とりあえずそう書いておいたけど、2行で終わるわけにもいかない。

どうすればいいのか。

しかも、好きな方には申し訳ないけど、城に関して語れるものを何も持っていない。

第一、仙台城に行ったっていうのも嘘なのだ。

そもそも仙台城はもうない。

ないというか、跡地はある?


ほら、地元の城についても分からないくらいのレベルなのだ。

伊達政宗の像があるのは知ってるけど、そのくらい。

その像にしたって、ほかの似てる像とすり替えたら気付かないと思う。


仕方ないので。

ドイツには有名な城があるらしいので一度は行ってみたい、みたいな感じでつらつらと日本語で書いておいた。

答案を提出するときの、先生の視線がめちゃくちゃ嫌だった。

0コメント

  • 1000 / 1000