027話 ミキちゃんの戦友



3日目、日本選手権最終日。


最初の種目は女子100m準決勝だった。

新見はここでも圧巻の走りで、楽々と11秒46。

最早、決勝は必要ない感じだ。

あとは記録との勝負ということになるのだろう。


そして注目の男子100m準決勝。

柏木さんは決勝に駒を進めたが、高柳さんと本間君は決勝進出はならなかった。

僕は第2組に入ったけど、さすがにもう奇跡は起きなかった。

ずーっと遅れて10秒67の6位で、それなりにいい走りをしたと自分でも思うのだが、さすがに実力の差は大きかった。


でも、いい経験にはなったと思う。

日本選手権の雰囲気を味わえたというだけでも、かなり大きかった。


「お疲れさまーっ!」


サブトラックの手前で加奈と聡志が迎えてくれた。

わざわざ、応援のために来てくれている。


「惜しかったね!」


満面の笑顔の加奈。

いや、別に敗退を喜んでいるわけではないと思う。


「まあ、惜しくはないけどな」


「えーっ。惜しかったじゃん。あと1人だったのに!」


「いや、あと1人抜いても5位だから」


「6位なんだから、5位を抜けば4位でしょ!」


「5位だっての」


「4位です!だって5位の人抜くんだよ!」


「え、5位を抜いて…、いや、5位だよ」


危なく騙されるところだった。


「違う!5位を抜いたら4位!教科書にも載ってる!」


「じゃあ2位の人抜いたら何位だよ」


「2位を抜いたら1位に決まってるじゃん!」


「1位の人抜いたら?」


「1位抜いたら…、ありゃ?」


相変わらず加奈は騒がしい。

だけどおかげで、ちょっと気分が晴れた気がした。


「ま、初出場で準決進出できたし、よしとするか?」


「そうそう!」


「おれなら決勝残ってたけどな」


憎まれ口を叩く聡志を蹴飛ばすフリをして、高柳さんらと一緒にダウンに向かった。

まだまだこれからに違いない、そう思った。


サブトラックでは今日も、多くの選手がアップとダウンを繰り返していた。

天気もいい。

のんびりしていてものすごく平和な世界だ。

だけどそこには一種の緊張感が漂っていて、僕はそんな空間がものすごく好きだった。


ダウンが終わったあと、一人、芝生の上に横になってぼんやりと過ごす。

加奈や聡志はほかの選手の応援に回ったらしい。

僕はただ、すべてを忘れてぼんやりと空を眺めていた。

ゆっくりと、静かに雲が動いていった。

芝生の上を歩く、かすかな足音が聞こえてきたのはそんなときだった。


「お疲れ様」


ミキちゃんだった。

答える前に、僕の隣に静かに腰を下ろす。

ふわりとなびいた長い髪がとても綺麗で、僕は思わず見とれた。


「頑張ったわね」


「うん」


「でも、これからよ」


「うん。頑張ります」


天使が通って、会話が途切れた。

何となくミキちゃんを見ると、ミキちゃんも僕を見た。

すぐに視線は逸れたけど、その表情は僕の脳裏に残った。


何も会話がないまま、おそらく1分くらいたっただろうか。

何をしゃべろうかなと思っていると、目の前を通りがかった赤いジャージの女の子2人組の

うち、一人がふっと僕の顔を見てかっと目を見開いた。

胸に、「辰川」の二文字が刺しゅうされている。

辰川体育大学の子だろうが、見知らぬ顔だった。


「あれ。もしかして…」


また、幼なじみの出現だろうか。

そんなふうに思ったけど、そうではなくて、女の子が見ていたのはミキちゃんだった。


「長谷川さん?長谷川さんじゃない?」


僕は思わず隣を見た。

訝しげに、ミキちゃんの眉毛が片方上がっている。

今度こそ人違い?

この人は村上美樹ですし。


「どちら様?」


「全中で一緒だった須田果歩。覚えてる?」


「ああ」


ミキちゃんの眉毛がすっと下がる。

珍しく、優しげな瞳。


「覚えてるわ。栄工大二中のアンカーだった…」


「そうそう!うわあ、久しぶり!」


知り合いらしい。

僕は黙って二人のやりとりを眺めていた。


「長谷川さん、陸上続けてたんだあ。ケガは大丈夫なの?」


「今はマネージャーよ」


「あ、そっか。そうなんだあ。めっちゃ速かったのに残念だねえ。絹山大学?」


「そう。あと、今は村上だから」


「え。結婚したの?」


「まさか。両親が離婚しただけ」


「あ、そうなんだあ。てっきり彼がそうかと思った」


僕の顔を見て女の子は笑った。

どんな顔をしていいか分からなかったので、とりあえず、ただ曖昧に笑っておいた。


「あ、あたしこれから400mなんだ。浅海さんやっつけちゃうけど応援よろしく!」


「頑張って」


「それじゃ、またね」


軽く手を振って、待っていた連れと一緒に女の子は歩いていった。

僕はぼんやりと二人の背中を眺めて、それからミキちゃんのほうを見たけど、ミキちゃんは素知らぬ顔だった。

 

ミキちゃん、前は長谷川美樹だったのか。

そう思って、僕は首をひねった。


長谷川?

長谷川美樹。

長谷川美樹…?


確かどこかで聞いたことがあるような、記憶に引っかかっているような、そんな感じの名前だった。

それがいったいどこだったのか、もちろん僕の記憶力で思い出せるわけもない。

偏差値に換算すると、僕の記憶力は32くらいなのだ。


「ね、ミキちゃん」


念のため、尋ねてみる。

万が一ということがある。


「ひょっとして、おれとミキちゃんって幼なじみだったりしない?」


「え?」


「実は幼稚園一緒だったとか」


「バカなこと言ってないで、応援行くわよ」


はい。怒られてしまいました…。

0コメント

  • 1000 / 1000