024話 不機嫌の理由


少し休んでから、また練習を再開する。


軽めの調整つもりだったのに、気付いたらみんなと一緒にサーキットトレーニングまでして

いた。

別に練習が大好きなわけでもないのに、習慣とは恐ろしいものだ。


ちなみに、うちの部で一番練習が嫌いなのが、スーパースターの新見沙耶。

意外でしょ。

短期集中型といえば聞こえはいいけど、いつもみんなより遅く来る。

1週間に一回ぐらいは、何だかんだ理由を付けて堂々と練習をサボる。

それで日本のトップなんだから、何というか、すごいと思う。


逆に練習の虫なのが、杏子さん。

この人はいつもおちゃらけているように見えるけど…、いや実際かなりおちゃらけているんだけど、練習量は半端ない。

400mの選手の練習はハードだけど、その中でも群を抜いていると思う。

身体はカモシカみたいだし、腹筋なんか完全に割れてます。


僕はまあ、平均レベルだと思う。

だけどさすがに今日のサーキットトレーニングはきつかった。


(ちかれた…)


若干、風が出てきたようだ。

 

ストレッチをしながら休憩していると、カラーンという金属音が聞こえた。

ハイジャンプのピットで、水沢さんが真剣な表情で知香ちゃんと練習をしている。

バーが支柱に当たって落ちたらしい。


「いいなあ、水沢さん」


呟いたのは、村上道場の1年生、宮本真帆ちゃんだった。

僕の視線に気付いて、ちょんまげ頭を揺らして同意を求める。


「素敵ですよね。水沢さん」


「うん。そうだね」


「仲良くなるにはどうすればいいですかね」


「うーん。一緒にご飯食べに行くとか」


「接点がほとんどないから誘いにくいんですけど」


「じゃあ、家に遊びに行くとか?」


「だからぁ、接点がないって言ってるじゃないですか!この役立たず朴念仁!」


真帆ちゃんが突っ込んで周囲が笑う。

どうも最近、お笑い担当になっているような気がする。


「今度、一緒にご飯連れてってあげるよ」


ちょんまげを撫でながら杏子さんが言って、真帆ちゃんがうれしそうな表情を見せた。


「本当ですか?」


「でもあの子、そっちの気はないからね」


うん。

うん?

あれ…?


「分かってますよ。そんなこと」


「ま、星島は騙されてたけどさ」


「星島さんと一緒にしないでください!」


一同、爆笑。

好きに笑ってくれ…。


何だかんだいって、その日も7時前まで身体を動かした。

冷静に考えたら、日本選手権に出たからと言って勝ち負けできるわけでもない。

もっと目標を先に持ったほうがいいかな思って、いつもどおりのハードなトレーニングをこなしたのだ。


「降りそうで降らなかったな」


「だから言ったじゃん」


二言、三言、聡志と言葉をかわす。


それから部室で着がえて出てくると、赤いジャージ姿のミキちゃんが外で待っていた。


なんだか、いつもにまして不機嫌そうな表情を浮かべている。

特に怒られるようなことをしたかどうか、思い出そうとしたけど無駄だった。

いつも、想像もしていないようなことで怒られるからだ。

想像どおりの怒られ方をすることも多いけど。

つまりしょっちゅう怒られているんだけど…。


「昼、言い忘れたんだけど」


「うん。何?」


「食事もそうだけど、薬も気を付けないと駄目よ」


「薬?」


「検査があるでしょ」


「あ、そうか」


今までは無縁だったが、日本選手権クラスの選手になると、ドーピング検査のことも考えなければならないというわけだ。

潔白なのに、市販の薬で引っかかったらばかばかしい。

まあ、滅多に薬なんか飲まないから大丈夫だろう。


「うん。分かった、ありがと」


「分からなかったら教えてあげるから」


ミキちゃんに言われた瞬間、僕は閃いた。


「あ、でもさ」


「何?」


「急に頭痛くなったりしたら困るよね」


「困る?」


「だから、どの薬飲んでいいか分からなくて」


「分からないって…」


「え。あれ、だって、飲んじゃ駄目な薬とかあるんでしょ」


「こっちが頭痛くなってきたわ」


うんざりした表情のミキちゃん。


「え、何、おれ変なこと言った?」


「頭痛がしてから薬を探すわけ?」


「う」


「あらかじめ、飲んでもいい薬を常備しときなさいって言ってるの」


「そっか。そうだよね…」


僕はがくりと肩を落とした。

ミキちゃんの携帯番号をゲットしよう作戦は、こうしてあっさり終了した。


「それと、もう一つ聞きたいんだけど」


「ん。何?」


「私、星島君に暴力をふるったことあったかしら」


「ん?何の話?」


「よく殴られたり蹴られたりするって、噂してるらしいけど」


思い出して、背中が寒くなりました。

こう、背中を氷が滑ったかのように、ひゃーっとなりました。


織田君にでたらめで言ったことを、どこかで耳に挟んだらしい。

不機嫌の理由、分かりました。

眉毛さん、お願いだから元の位置に戻ってください。


「ないです。ごめんなさい」


「どうしてそんな嘘言うわけ?」


「いや、魔が差しました。ごめんなさい」


「ごめんなさいじゃなくて、理由は?」


目が真剣に怒っている。

怖いです。

マジで怖いです。


「え、えと、理由というか、つまり、スプリントの高みを目指して、断固として厳しく、緊張感を持った練習をしているぞということを、デフォルメした結果、そうなってしまったわけでありまして…」


「星島君に緊張感なんてないじゃない」


ばっさり、切られてしまいました…。

0コメント

  • 1000 / 1000