022話 風説の流布


6月もあっという間に過ぎていって、日本選手権まで残り1週間となった。


結局、うちから男子100mにエントリーしたのは、4名。

4年生の前キャプテン柏木和文、3年生の高柳智之、1年生の本間秀二。

それから神速の貴公子、仲浜の馬謖など、さまざまな異名を持つ星島望だ。


交通費も宿泊費もエントリー料もばかにならないので、予選突破が目標である。

トップクラスのアスリートと本気で走ったことは今まで一度もないので、経験を積むことも大事だと思う。

大観衆の中で走るのも初めてだし、とにかく何事も勉強だ。


「あーあ。おれも出たかったなあ…」


昼。

混み合う学食で会ったとき、聡志はまだぼやいていた。

南関東大学記録会のあと、聡志は横浜で開催された記録会にも出場したのだが、標準Bにも届かない10秒74。

低い気温と向かい風1.0mのコンディションだったが、低調な記録だった。

 

ちなみに一緒に出た僕は10秒71。

まあ、似たようなものだ。

所詮は似非貴公子…。


「まあ、結果は結果だからしょうがないな」


「ちぇっ。まぐれだったくせに」


聡志はそんなふうにぼやいた。

いかにも健康に悪そうな紙パックのいちごオレを飲み終えて、ストローをくわえてぴこぴこさせている。


「今日から、星島まぐれって呼ぶことにする!」


また異名が一つ増えてしまった。


「ロシアと違って、日本では、運も実力のうちって幼稚園のころに教わるんだよう」


「そのくらい、おれだって教わったよ!」


「ふーん。どこ幼稚園?」


「よ…、つ、ツンドラ幼稚園」


「検索しても絶対ヒットしないような幼稚園名だな」


「今はないんだよ!氷河の下に埋もれてるからな!」


「じゃあいつ通ってたんだ」


「氷河期の前だよ!」


「そりゃまたずいぶん昔の話で」


「そりゃ、つまり、あれだ。バブルが弾ける前だよ。ちょうどおれら幼稚園ぐらいだろ」


「バブル?」


「だから、就職氷河期の前」


「誰がうまいことまとめろと言った」


「ふふん…!」


偉そうな聡志。

だけどすぐにばしばしとテーブルを叩いた。


「鼻は高いけどロシア人じゃねーよ!」


「サトルも本格的に村上道場に入門すれば?」


「スルーか…」


聡志はがくんと肩を落とした。


「いや意味分からんから」


「今、鼻高々だったろ。だから…、その…、すみませんでした」


「おう。分かればよろしい」


「お。噂をすれば」


ミキちゃんの姿が学食の入口に見えた。

 

やはり友達がいないのだろう、一人でご飯を食べるようだった。

聡志によれば、いつもそんな感じらしい。

同情というわけじゃないけど、何だかちょっと気の毒に思った。


しばらくミキちゃんの様子を見て、視線を戻すと、聡志がにやにや笑っていた。


「なんだよ」


「別にィ。ああ、おれもう行くから」


「あ、じゃあおれも」


「いいよいいよ、お前はゆっくりしてけ」


妙な気の利かせ方をして、聡志はさっさと学食を出ていった。

別にそんなんじゃないって言ったのに。

何となく頭に来たけど、僕の視線はずっとミキちゃんの姿を追っていた。


ミキちゃんは、学食の隅のほうに歩いていって、周りに人がいないところを選んで座った。

しばらく、どうしようか考えて、それから意を決して僕は立ち上がった。

混雑の中、歩いていって「おっすおっす」と声をかけ、ミキちゃんの正面に座る。

ミキちゃんはちらりと僕を見たけど頷いただけで何も言わず、野菜炒め定食を食べ始めた。


食べ方がすごく上品だった。


コーラを飲みながら、僕はミキちゃんの食事風景を黙って見つめていた。

お互い、何も言わずに黙っていたけど、やがてミキちゃんはちろりと僕を見た。

眉毛がちょっとだけ不機嫌モードになっている。


「あんまりじろじろ見ないでよ」


第一声がそれだった。

 

そりゃ、失礼しましたけど、そういう言い方はないよね。

友達ができないわけのも無理はない。

思ったんだけど、ちゃんと就職とかできるんだろうか。

僕も人のことはいえないけど、ちょっと心配だ。

接客業なんか無理だろうし、そもそも職場で完全に孤立してしまうに違いない。


いや、それ以前に面接でアウトだろう。


「練習は?」


「あ、うん。もうちょっとしてから」


「…いつもそんなの飲んでるの?」


ほんのちょっとの沈黙のあと、ミキちゃんはそんなことを言った。

嫌な予感がする。


「むん?」


「炭酸ばっか飲んでないで、少しは気を遣ったら?」


母親みたいな物言いだが、それだけ、気にかけてくれているのかな…?


「栄養管理とかしてるの?」


「ううん」


「全然?」


「ええと…、全然というか…、全然、です…」


正直に答えると、ぐいっと眉毛を持ち上げる。


「大体、アスリートとしての自覚が足りないのよね」


「すみません…」


「食事はどうしてるの?」


「いつもは、スーパーの弁当とか」


「カップラーメンとか?」


「ハイ」


「料理はしないの?」


「さっぱり」


「呆れた…」


ちょっと大げさな気もするけど、確かに言いたいことは分かる。

 

だけど、できないものはできないんだから仕方がない。

卵焼きすらろくに焼けないのだ。

目玉焼きを焼こうとしても、毎回、スクランブルエッグになってしまう。

それじゃあ茹で卵をつくろうと思うと、今度はあれですよ。

茹でて冷水に付けて、皮をむこうとすると、なかなか薄皮がむけない。

それでやっと皮をむいて食べようとすると、中身がなんか片方に寄ってる。

黄身だけ半熟。

半熟卵は好きだけど、黄身だけ半熟はちょっと悲しい。


とにかく、僕の料理の腕前はそんなもの。

そりゃ、僕だって、バランスがよくて美味しい食事ができればと思うけど…。


「あ、そうだ」


閃いた。


「ミキちゃんがつくってくれたらうれしいな」


「え?」


「ミキちゃん、料理すごい上手だし。それに言いだしっぺでもあるわけで— .」


調子に乗りすぎたらしい。

言い終わらないうちにものすごい勢いで睨まれて、僕は口をつぐんだ。

防衛本能というやつだった。


「な、何でもありません…」


「自分で、どうにかしなさい」


「はい…」


万事、この調子だから、彼氏なんかできないんじゃないかなあとも思った。

年をとったら丸くなるのだろうか…。


ミキちゃんが食べ終えるのを待って、一緒に学食を出る。

当然、ミキちゃんは午後にも講義があるらしい。

僕も本当はあるんだけど、ないことにして、そのままトラックへと向かった。


すっかり梅雨の季節だが、今日は珍しく快晴だった。


「げ。星島君、おはよ」


トラックへの階段を下りていくと、水飲み場のところに知香ちゃんがいた。


新見と仲のいい、ハイジャンプの2年生。

例のほら、秋田出身のナニワのあきんどだ。

両手で変な、バリアを張るみたいなポーズをする。

なぜか、ちょっと嫌そうな顔だ。


「げって何さ、げって」


「だって星島君、トレパンフェチなんでしょ」


ああ。

そんな異名は嫌だ…。


「違います。そんなんじゃありません」


「なんだ。トレパンはいてるから押し倒されるかと思った」


「たとえフェチでも押し倒さないから」


「え、やっぱフェチなの?」


「違うって!」


何だ、この会話。

というか杏子さん、頼むから変な噂流さないでください…。

0コメント

  • 1000 / 1000