021話 小春日和


みんなでごちそうさまを言って外に出て、駅まで歩いていってそこで解散になった。


柏木さんは何か用事があるらしい。

新見も用事があって帰るようだ。

聡志はバイトで、急ぎ足で駐車場のほうに向かっていった。


「ほいじゃねーっ」


頼みの綱の杏子さんが相手をしてくれなかったので、僕は多少慌てた。


「どこ行くんですか?」


「星島も一緒に行く?」


「え、どこ?」


「千晶と一緒に下着買いに行くんだけど」


「あ…、遠慮します」


笑いながら杏子さんと千晶さんが駅の中に消えていって。

残ったのは、僕と水沢さんだけになってしまった。


目が合うと、水沢さんは少し首をかしげた。

細身のジーンズにシャツに、ブラウス。

いたって普通のかっこうで、おしゃれでもなんでもないのだが、足が長くてものすごく映えていた。

 

何となく視線を彷徨わせたけど、周囲には誰もおらず、ただ静寂だけがあった。


「み、水沢さんは何するの?」


「私は、学祭見てから自主トレを」


「ふうん。おれもそうしようかなあ」


何となく同調して、二人で学内に戻っていく。

適当なところで「じゃあね」と言って別れればよかったのだが、タイミングを逸したような

形だった。

水沢さんは何も言わなかった。

どうしようかなと思ったけど、どこに行くでもなく黙って僕に付いてきていたので、ちょっと軽めに誘ってみた。


「あっち行ってみる?」


「あ、はい」


水沢さんが素直にうなずいてくれたので、肩を並べて歩く。

周囲の視線がチラチラと水沢さんにきているのが分かった。

何となく、僕も鼻が高かった。


だけど、それは最初のうちだけで、2人で学祭を回り始めて僕はすぐに後悔した。

5分おきぐらいの割合で、水沢さんのファンの女の子が何やかんやと話しかけてくるのだ。

それも、今日の夜は時間空いてるかとか、明日はどうだとか。

週末に映画に行かないかとか、今度お弁当つくってきてあげるとか、そんなようなことばか

りだった。


いや、それはまあ別にいい。

だけど、隣に立っている僕は毎回じろじろと品定めされて、すっかり萎縮してしまった。


「誰なんですか、あなた?」


と突っかかってくる子もいた。

よほど憧れているのか、その子の短い髪型は、水沢さんとすっかり一緒だった。


「あ、えと、陸上部の者です」


「ふうん」


頭のてっぺんからつま先まで、舐めるように見られて思わず背中を伸ばしてしまう。

ちょっと困って水沢さんのほうを見る。

水沢さんも困ったような表情で女の子のほうを見た。

だけどそんなことは構わずに、女の子は挑むような表情で僕を見すえた。


「あたし、藤崎小春。あなたは?」


「あ、星島です」


「あんまり咲希先輩とベタベタしないでよね!」


いきなりそんなふうに言われる。

たぶん、誰が横にいても気に入らないのだろう。

男でも女でもだ。


それから1時間ぐらい、僕たちは一緒に学祭を回った。

あまり会話ができなくて、正直、少し息苦しかった。

学生協で飲み物を買って、学祭の喧騒を背にトラックのほうへ向かったけど、自分の家に帰るような、ほっとした感じだった。


「あまり話せませんでしたね」


気持ちが伝播したのか、水沢さんは小さく呟いた。

僕は慌ててうなずいたけど、まだ水沢さんの顔をまっすぐ見ることができなかった。


「そうだね」


また少し沈黙が続く。

話題を探す作業はものすごく不毛だ。

それならいっそ、何も話さないほうがいいのかもしれない。


人見知りというのとは、ちょっと違う気がする。

別に女性が苦手というわけではないが、何を話せばいいか分からない相手というのがいる。

壁をつくってしまう人が苦手なのだ。

こう、壁を壊そうと思って手榴弾を投げようとは思うんだけど、ぶつかってはね返ってきそうで怖いのである。


ああ。

人はそれを人見知りと呼ぶんだろうな、きっと…。


「しかし、めちゃくちゃもててたね」


思い切って言ってみると、水沢さんは恥ずかしそうな表情を浮かべた。


「何か、慕われているみたいで」


「みんな高校の後輩?」


「はい。お恥ずかしい」


「いいじゃない。同性の後輩に好かれるなんて」


「そうですか?」


「おれも女の子だったら騒いでると思う」


うん。

何か違うような気がするけど、まあいいか…。


「さっきの女の子はちょっと怖かったけど」


「藤崎さん、悪い子じゃないんですけど」


「すごいファンなんだね」


「別にそんな大した選手じゃないのに」


水沢さんはそんなふうに言ったけど、そういう問題ではないような気がする。

例え彼女が陸上をやめてゲートボールを始めたとしても、おそらくあの子たちは水沢さんに付いていくだろう。

何というか…、羨ましい限りだった。

0コメント

  • 1000 / 1000