016話 ぎこちない人


ミキちゃんの予想どおり、約2時間、19時ジャストに料理が完成した。


メインは、野菜たっぷりの鍋物。

それと、手軽につまめる具だくさんいなりずし。

それだけで十分だと思うんだけど、から揚げとポテトサラダ、イカ納豆、キャベツの漬け物と大根のシャキシャキサラダ等々…。

どれもこれも美味しそうでよだれが出そうになった。


出来上がった料理をミキちゃんと一緒にリビングに運んでいくと、杏子さんが千晶さんにベタベタしていた。

まだ正式に始まったわけでもないのに、加奈はもう終わってしまったらしい。

真っ赤な顔で、ソファーにこてんともたれて眠っていた。

 

聡志とおしゃべりしていた新見が、鍋を置くスペースを確保してミキちゃんを見る。


「ごめんね。全部やらせちゃって」


「うん」


「星島くんもありがとね」


「おれはつまみ食いしてただけ」


「何、星島、ミキのことつまみ食いしたの?」


例によって下品に杏子さんが言ったけど、みんな苦笑するだけで何も言わなかった。


「ミキ、星島はあたしのもんだからね!」


ウヒヒヒと笑った杏子さんを、ミキちゃんがじろりと睨んだ。


「浅海さん」


「え、ん、え?」


「いい加減にしてください」


「あ。はーい…」


ミキちゃんにしかられた杏子さんがたたずまいを直して、新見がパチパチと拍手をした。

千晶さんが、杏子さんの頭を慰めるようにすりすりと撫でる。

結局、誰であろうともミキちゃんにはかなわないということだ。


タイミングよく、加奈がカクンと目覚めた。

状況はつかめていないだろうが、寝ぼけ眼でクンクンと鼻を鳴らす。


「ん。何、いい匂いする」


「犬かよ」


「あーっ、美味しそう!食べていいの?食べていいんですか?」


「じゃあ、改めて乾杯しますか」


「ん。じゃあ、千晶おめでとーっ、乾杯!」


フライング気味かつ適当に杏子さんが言って、みんな慌ててグラスを持ち上げて千晶さんの誕生日を祝った。

こんなふうに集まるのは初めてで、自分の誕生日でもないのにちょっとうれしかった。


食べ始める前に、千晶さんにプレゼントを渡す。

僕はアロマキャンドル、ミキちゃんはネックレス。

新見はピンクのシャツで聡志は映画のDVD。

杏子さんは質実剛健にランニングシューズだったけど、かなり高そうなやつだった。


「あたしは、これですっ」


加奈が買ってきた細長い品の正体は、トーテムポールの置物だった。


「あ、ありがとう…」


さすがに千晶さんも驚いていたが、加奈はうれしそうに説明した。


「けっこうデザインが可愛いですよね」


「そ、そうかもね、うん」


「知ってます?トーテムポールって昔の人のお墓なんですよ。棺桶がついてることもあるんだって!」


いや。

悪意はないと思う。たぶん…。


その後、泡の出るジュースを飲みながら、みんなでわいわいと食事をする。

スポーツマンらしく、誰もが食欲旺盛だった。

あっという間に鍋の具がなくなって、追加の具とうどんが投入される。

それもぺろりと平らげて、やっとみんな落ちついたようだった。

いくら人数がいるといっても、相当な分量だ。


バースデーケーキは、パブロという喫茶店のチョコケーキ。

女子はみんな大好きらしくて、僕も食べたけどほろ苦くて絶品だった。


「ごちそうさまっ」


加奈はとても満足そうだった。


「お前、よく食べるなあ」


「成長期だから!」


まだ成長する気か…。


「村上さん、料理上手なのね」


千晶さんが、ミキちゃんからツナコーンから揚げのつくり方を聞いている。

確かに、あれはうまかった。

新見も、大満足の表情。


「美味しかった!いいなあ!お嫁さんにしたい!」


新見が言って、僕は思わずウンウンとうなずいた。

ミキちゃんはぷいっとそっぽを向き、立ち上がって鍋を片付け始めたけど、杏子さんは僕を指差してぐるぐると回した。


「星島は、お嫁さんにするなら誰がいい?」


また、いきなりそんなことを言い出す。

みんなの目が僕に一斉に注がれたけど、答えは決まっているようなものだ。


「そりゃもう、杏子さんです」


だってほかに答えようがないじゃないか。

一種のお約束の問答なんだけど、それでも杏子さんの目じりはみるみる下がった。


「だよね。エッチの相性いいもんね!」


「してません。してませんからね!」


そんな馬鹿話をしながら、しばらくわいわいと盛り上がる。


だけどそのうち、明日早いということで、新見とミキちゃんは先に帰っていった。

それからまた少し飲んだけど、千晶さんがかなり眠そうだったので、帰ろうかということになって、残りのメンバーで後片づけを始めた。


加奈はまた眠っている。

杏子さんはつんつんと加奈をつついたけど、ぴくりとも反応しなかった。

どうもアルコールには弱いらしい。


「寝せとくか。朝にゃあ起きるでしょ」


「いいの?」


「大人しく寝てるぶんにはね」


杏子さんは毛布を持ってきて加奈にかけた。

それから冷蔵庫からウーロン茶の缶を持ってくると1本を僕に手渡して、僕を座らせながらプルトップを空けた。


「ライテックスの監督が、卒業したらうちに来ないかって言ってくれてるんだ」


ライテックスホールディングスは、スポーツ用品部門で世界的に見ても大きなシェアを誇っている大企業だ。

 

オリンピックやワールドカップの最大手のスポンサーとして知られている。

言うまでもなく超一流企業で、まず、知らぬ者はなかろう。

陸上部も強くて、つまり、陸上選手としてはエリートコースなわけだ。


「すごいじゃないですか」


「でも、練習拠点が名古屋なんだよね」


「名古屋はまずいの?」


「星島と会えないもーん」


ウヒっと笑って、ウーロン茶を飲むと、杏子さんはふうっと息を吐いた。

肌が桜色に染まっていて、ものすごく色っぽかった。


「一応、大学院も考えてるんだよねえ」


杏子さんは呟いた。けっこう悩んでいるらしい。


「大学院かぁ」


「スポーツ科学専攻してさ。ほら、一生選手のままってわけにもいかないじゃない」


「将来は指導者ですか」


「分かんないけどさ。星島は何か考えてんの?」


そう言いながら杏子さんは僕の頭を撫でた。

しかし、僕は答えることができなかった。

正直なところ、何も考えていないというのが現状だ。


「いえ。今のところは」


「そっか。まあ、まだいいか」


「はい」


「ま、まあ、今の調子で手抜きするんじゃないのよさ?」


「よさ?」


「最近頑張ってる…、頑張ってるらしいし?見てる人はちゃんと見てるような、多分ね、見てるからね?」


励まそうとしてくれているらしい。

だけど何だかぎこちない。


「杏子さんって、人のこと褒めるの苦手?」


指摘すると、ぎくっとした顔をする。


「ち、ち、ちがわいっ」


「だってめちゃくちゃぎこちなかった…」


「う、うるさいうるさいうるさーいっ!」


ポカポカと叩かれる。

だけど気持ちは、ものすごくうれしかった。

0コメント

  • 1000 / 1000