015話 村上美樹、辣腕を奮う。


やがてリビングに姿を現したのは、新見とミキちゃんだった。


ミキちゃんはそのままキッチンに来て、杏子さんの興味は新見に移ったらしい。

羨ましいことに、横に座ってほっぺたにキスをしたり体をべたべた触ったりして、喜悦の声をあげている。

新見も、杏子さんのお気に入りの一人なのだ。


なんていうか、人にくっつきたがる人なんだよね。


「ちあきーっ、こっち来て座んな」


「え、でも」


「あんた主役だろーっ?」


もう、何かもうね。

逆にすがすがしいです。


キッチンに来たミキちゃんは、エプロンをつけて長い髪を束ねると、無表情のまま、千晶さんをしっしと手で追い払った。

これは文字どおり、追い払ったのだった。


「ごめんね。大丈夫?」


「大丈夫です」


千晶さんがリビングに向かって、キッチンには僕とミキちゃんが取り残された。


丁寧に手を洗って、ミキちゃんは冷蔵庫をじいっと覗き込み、何か思案顔で食材の下ごしらえを始める。

僕はただそれを見ているだけだった。

 

料理なんかできないけど、一応、聞いてみる。


「何か手伝う?」


「いい」


ミキちゃんは振り返りもせずに答えた。

邪魔かと思ったけど、追い払われないということは、つまり、このままいてもいいということだろうか。


「何つくるの?」


「適当に。から揚げとかサラダとか」


「そっか…」


いすに座って、何となくミキちゃんの料理姿を後ろから眺めた。

ポニーテールがよく似合っていた。

ミキちゃんが動くたびに、リズミカルに左右に揺れている。


しばらく眺めて、それから近づいていって鍋の中身を覗き込むと、パスタがお湯の中で躍っていた。

半分だけ、ミキちゃんが振り返ってそれからまた前を向いた。


「ごめん。邪魔?」


「別に」


同時にいろいろつくっているらしい。

タイマーが鳴って、鍋からパスタをあげると、フライパンで手早くソースをつくってパスタをからめる。

そして丁寧に皿に盛りつけると、ミキちゃんはその皿を僕に差し出した。


食べろということらしい。

僕は驚いてミキちゃんを見たけど、相変わらず、仏頂面だった。


「え。食べていいの?」


「お腹すいてるんでしょ。2時間くらいはかかるから」


「やった。ありがとう!」


ミキちゃんがつくってくれたのは、ハーフサイズの、ほうれん草とベーコンのクリームパス

タだった。

さっそく、いただきますを言って一口食べたけど、文句なしに美味しかった。

今までの人生で食べてきたパスタの中で、一番旨い。


「うまーい!」


「そう」


「ミキちゃん、すごい上手だね」


ミキちゃんは僕を一瞥したけど何も言わなかった。

無言で大量のポテトサラダをつくって、少し冷ましてから冷蔵庫に入れる。

そして、既に空っぽになっている僕の皿を見てちょっと眉を持ち上げた。


「もう食べちゃったの?」


「うん。美味しかった、ごちそうさま」


「お粗末様」


ぱっと僕の手から皿を奪い取ってシンクにつけると、再度、ミキちゃんは料理に取りかかった。

いつの間にか、イカの下ごしらえが終わっている。

さらに、から揚げをつくろうとしているところだった。


そこには、リズムがあった。

そしてミキちゃんは、そのリズムの上を流れる美しい旋律だ。


いすに座ったまま、何となく見とれていると何度か目が合った。

ミキちゃんは何も言わなかったけど、気になったのか、何度目かのときに口に出した。

珍しく、少し穏やかな表情だった。


「暇そうね」


「ん?」


「向こう行ってたら」


「うん。でも、ミキちゃん淋しいかなと思って」


「別に」


「だよね…」


こういう性格もあってだろう、ミキちゃんにはほとんど友達がいないようだ。

いつも一人だし、誰かと仲良く話をしている姿もあまり見かけない。


「ミキちゃんは、何で陸上部に入ったの?」


試しに聞いてみたけど、反応はなかった。

聞こえていなかったのかもしれない。

それとも話したくないのかなと思っていると、少したってから、ミキちゃんはぼそりとつぶやいた。


「昔、選手だったから」


初耳だった。

もっとも、ミキちゃんのことは何一つ知らなかったけど。


「ふうん。長距離?」


「短距離」


「ああ。だから詳しいのか…」


「星島君、高校どこだっけ」


珍しく、会話が弾む。

空気の抜けたサッカーボール程度に。


「宮城県立、仲浜高校。聞いたことある?」


「ないわね」


「吹奏楽部が有名だよ。陸上はさっぱりだけど」


「ふうん。全中で優勝したのに、声かからなかったの?」


「高校?」


「埼玉星明とか」


埼玉星明は、名門中の名門だ。

毎年、インターハイの総合優勝を争っているような高校である。


「いや。話は来たんだけど、遠いなあと思って」


「宮城から埼玉なら、全然遠くないじゃない」


「まあ、今考えればそうなんだけど、地元でいいやって思ってさ」


「もったいない」


「今考えればね。個人競技なんだし、どこ行っても同じじゃんとか思って」


「同じってことはないでしょう」


「うん。調子乗ってたんだよね…」


中学時代は、監督もコーチもいなくて、陸上のりも知らない世界史の先生が顧問でいるだけだった。

だからずっと、練習はすべて自分で考えて適当にやってきた。

スプリントもほとんど自己流だった。

それでうまくいっていたので、高校生になっても大丈夫だろうと思っていたのだ。


「今、うまくいってるからって、次もうまくいくとは限らないのよ」


ミキちゃんの的確な指摘。


「そうそうそう。それはね、高校時代に痛感した…」


「それで、うちに入ったわけね」


「うん。まあそんな感じ」


もっとも、大学に入っても、それはほとんど変わらなかった。

普通入学で陸上部に入る選手は、二軍とは言わないが一軍半くらいだろうと自分自身で思っていて、ずっと気後れしていたからだ。


でも、今はミキちゃんが味方してくれている。

おかげで少しは、錆びついていた歯車が回り始めているのだろうか。


「でも、それで納得したわ」


ちらりと振り返って、ミキちゃんは僕を見た。


「え、何?」


「あんなでたらめな走り方の理由」


「そうですか…」


「あれであんなタイム出すんだから、不思議よね」


褒めているのかけなしているのかよく分からなかったけど、何だかうれしかった。

僕のことをちゃんと見てくれている人が、少なくとも一人いることが分かったからだ。

0コメント

  • 1000 / 1000