013話 大和撫子生誕記念


その後、僕と加奈はこっそり競技場を抜け出て、プレゼントを買いに行った。

 

監督に見つかったら大目玉なので、ご飯も食べずに急いで競技場へ戻る。

プレゼントをバッグにしまってスタンドに向かうと、競技はだいぶ進んでいて、女子400mハードルが行われている最中だった。

ゴール前のスタンドに、うちの陸上部が陣取っている。

僕たちもそこに移動した。


「お。どこいってたんだよ」


ハギワラサトル…、じゃなくて橋本聡志が僕を見つけて言った。


陸上競技は、基本、個人のスポーツ。

出番はばらばらだから、固まって行動する必要はあまりないのだが、どこにも姿が

見えないのでいぶかしく思っていたらしい。

だけど、僕の横に座った加奈を見て、聡志はふんと鼻を鳴らした。


「なんだ。いちゃついてたのか」


「プレゼント買いにいってたんだよ」


「ああ。何買った?」


「秘密。ハギワラは?」


「誰だよ、ハギワラって」


「橋本のロシア語読み」


「ロシア人では、アーリマセン!」


びしびしと、聡志は僕の胸にチョップをした。

ロシア人っぽく言いたかったらしいけど、そんな器用な物真似を期待してはいけません。

不器用ですから…。


「もうちょっとロシア人っぽく言えよ」


言うと、聡志は顔をしかめた。


「ロシア語取っとけばよかったか。ハラショーしか知らねえもんな」


「第二外国語、何だっけ?」


「ドイツ語」


「一緒か」


「星島、何かしゃべってみろよ」


「グーテンターク!」


「それだけ?」


「グーテンターク。ダンケシェーン?グッバイ…」


新見と千晶さんに笑われた。

でも、ほとんどの大学生にとって、第二外国語はこんなものです。


一通り、競技が終わったのは4時過ぎだった。

稲森監督が全員を呼んで総括して、後片づけをし、それで現地解散となった。

だけど、下っ端の僕らが大学まで荷物を運んで片付けることになって、僕と聡志とミキちゃんは1年生を率いて絹山駅に向かった。


「うー。腹減ったな」


結局、昼は何も食べていない。

そればかりか朝も軽くしか食べていないので、お腹が空いて仕方なかった。


「さっさと終わらせて行こうぜ、サトル」


「だから誰だよ、サトルって」


「ロシア語でおね」


「…ピロシキ!」


「今度まで勉強しとけ。な?」


「おう…」


電車に乗って二駅、金谷山駅で降りてキャンパスへ。


小さな駅で、駅前にはコンビニが1軒と自販機が数台と大衆食堂しかない。

郊外の山の上で、大学以外には何もないようなところだ。


金谷山駅から坂を上っていくと、正面左手に講義棟やら学生協やらサークル棟がある。

右手には野球場やらサッカーのグラウンドがあり、陸上部のトラックもある。

陸上部のトラックは金谷山駅から見れば一番手前だ。


アスファルトの道路から、階段を降りてトラックへ。

記録会に出なかった選手たちが練習をしていて、そのうちの何人かが僕たちのほうに走って

きた。


「新見はどうだった?」


やはり気になるらしい。3年生の荒川陽次さんが息せき切って尋ねてきた。


「追参でした。11秒09」


答えると、荒川さんは驚いたようにぴゃっと両手を挙げた。

何それかわいい。


「11秒09!?」


「11秒09」


「マジでか!すげーな、見たかったなあ!」


そりゃそうだ、普通、驚きます。

日本記録が11秒23なんだから。


「カメラ入ってましたから、あとで見れるかもしれないですね」


「そか。しかし、11秒09かあ!」


数名で、わいわい言いながら戻っていく。

僕の結果を聞きたがる人間など誰もいない。

悲しいかな、それが現実だった。


荷物を部室に片付けて、ようやく僕たちもそこで解散になる。

そのまま帰る者もあり、ついでに軽く練習していく者もあったが、僕と聡志と加奈は、千晶さんの誕生日会に直行することにした。


トラックの入口の階段を上り、道路に出るとキャンパスのほうに坂を上っていく。

日曜日の夕暮れ。

学生の姿はまばらだが、どこか遠くのほうから演劇部の発声練習の声が聞こえてくる。


「ね、準備とか大丈夫なのかな?」


加奈が、大きな身体を曲げるようにして僕の顔を見た。


「準備?」


「ケーキとかさ」


そんなこと、僕に聞かれても困る。


「さあ。誰かするんじゃないの」


「食べ物とか大丈夫かな?」


「だからおれは知らないっての」


繰り返すと、加奈は唇をとがらせてばたばたとアスファルトを踏みつけた。

土煙が舞う。


「何それ。無責任すぎ!」


「そんなこと言われても誘われただけだもん」


「なんでちゃんと聞いておかないの!」


「お前から聞いたんだよ!」


「…ああ!」


バカ…。


キャンパスを横切って、金谷山駅とは反対の北門から出て、大学のある山を歩いて下りる。

15分ほど歩けば、杏子さんのマンションに到着だ。

18階建ての高級マンションで、うちの安アパートとは大違い。

金谷山駅からは2キロぐらいでちょっと遠いが、この辺は地下鉄の東西線が走っていてひらけている。

しかも、杏子さんのマンションは駅近くなのだった。


「いいとこ住んでるなあ」


と、聡志がマンションを見上げる。

もちろん、聡志のアパートなんかとも比べ物にならない。

 

「いいとこだよなあ。これ押すのかな?」


「そうじゃね。押せ押せ」


「お前押せよ」


「お前が押せよ」


「あたし押そっと!」


「どうぞどうぞ」


「なんか違うな…」


エントランスでドアを開けてもらって、エレベーターで11階へ。

隅っこにある1105号室が浅海杏子さんの部屋だった。


もう、エレベーターホールとか通路とか、ホテルみたいで普通のマンションとは違う。

だって、1階に郵便受けがあるだけの部屋(?)があるんだよ。

そこだけでうちの部屋の何倍もあるんだもの。

びしっと監視カメラが付いてて、チラシ配りなんかできる雰囲気じゃないし。


「おーう。入って入って」


玄関のドアを開けて出てきた杏子さんは、早くも少し酔っているようだった。

いつも明るくて愉快な杏子さんだが、酔うとそれがさらに顕著になる。

今日もさっそく、僕の顔を見るとにへらと笑った。


「お泊まりセット持ってきた?」


「何の話でせう」


「あはははは。照れちゃって」


要するに酒癖がよろしくない。

杏子さんはウヒヒと笑いながら僕の顔を覗きこみ、歩いていくとオレンジ色のソファーにどすんと座った。

中に入ったのは初めてだけど、やたらと広いリビングとキッチンだ。

ベッドルームは別なのか、奥のほうに扉がある。

キッチンでは、千晶さんがせっせと料理の準備か何かをしていた。

自分の誕生日会のはずなのに…。


おずおずとリビングに足を運ぶと、杏子さんが自分の横を手でバンバンと叩いた。


「星島、こーこ」


聡志と加奈は杏子さんを恐れてキッチンに避難した。

的確な判断だといえよう。

これは学生・社会人を問わず、飲み会での基本的な常識ともいえる。

すなわち、酔った先輩のそばからは離れるに限るのだ。


「はーやく!」


「は、はい」


だけど、名指しされてしまったので仕方あるまい。

歩いていって、おそるおそる隣に座ると、杏子さんはぴたりと体を密着させてきた。

これはちょっとうれしかった。


「ちあきーっ、グラスと氷ちょうだーい」


「はーい」


「それと何かつくってーっ」


「はーい」


何かがおかしい。

グラスと氷を運んできた千晶さんと目が合う。

千晶さんは眉毛を動かして、軽く笑って戻っていった。

こういう扱いには慣れているのかもしれない。


「よーし。お姉さんがお酌してやるからな」


指でぽいぽいとグラスに氷を入れると、杏子さんは手を伸ばしてブランデーのボトルをつか

んだ。

極めて雑に、どばーっと注ぐ。

適当にかきまぜて、ブランデーが少しこぼれたのか、指を僕の口元に持ってくる。


「舐める?」


「いや…」


「あははは。舐められるほうがいいってか」


もう無視するしかない。

 

自慢じゃないけど、あまりアルコールは得意ではない。

それはアスリートだからという理由ではなく、単に体質によるものだろう。

匂いだけで酔ってしまう気がする。

ビールとかならともかく、匂いがきついお酒は駄目なのだ。


「星島、今日、自己ベストだったんでしょ」


杏子さんに言われて、ちょっと驚いた。

僕の自己ベストなんて誰も知らないと思っていたからだ。


「よく知ってますね」


「よかったじゃん」


「あ、はい」


「はい、じゃあ、乾杯」


チンとグラスを鳴らす。


僕はちょっとだけ飲んで、それから皿の上のカシューナッツをかじった。

杏子さんはじーっと僕を見ていたけど、ふいに僕の首に腕を絡ませてきた。

その距離、約30センチの超接近遭遇だった。

0コメント

  • 1000 / 1000