012話 ポッキーよりも簡単に


みんなと一緒にサブトラックでダウンをしながら、僕はぼんやりと新見のことを思った。


彼女の走りが、僕の脳裏に焼きついていた。

何度もフラッシュバックして頭から離れなかったけど、古いビデオみたいに、どうにも不鮮明であいまいだった。

どうしたって、僕自身に技術的な裏付けがないからだ。


「よーし。飯だ飯だ」


ダウンが終わって、それぞれ食事なり応援なりに散っていく。


「星島、メシは?」


聡志に誘われたけど、僕は芝生の上にごろりと横になった。


「んー。いいや」


「また金ねえの?」


「いや。まあ金もあんまないけど、まだいいや」


「じゃあおれ行くぞ」


「何食べんの?ピロシキ?」


「お前、おれがピロシキ食べてんの一度でも見たことあるか?」


「返しが普通でつまらん…」


「うるせっ」


騒々しく言って、聡志が柏木さんのあとについていく。

みんなでわいわいと、ちょっと楽しそうだったけど、僕は一人、芝生の上の横になって流れていく雲を見つめた。


自分の走り。新見の走り。


重ねようとしても重ならない。

だけど、今日は自分なりにいい走りができた。

大丈夫、焦る必要などない。

焦る必要などないのだ。

焦らなくても大丈夫。

焦ることはないんだってば…。


(うー)


トンネルを抜けたと思ったら早くもまたトンネルに突入して、20分ほど、うだうだしていただろうか。

突然、ひょいっと僕の前に顔が現れた。

当の新見沙耶が、僕の顔を覗きこんだのだった。


「おっ」


急に現実に戻されて、しかも驚いて、僕はぴょんと跳ね起きた。

新見の笑顔は眩しかった。


「寝てるのかと思った」


「ぼんやりしてた」


思わず、きちんと体育座りをする。

横に座りながら、新見はくすくすと笑った。


「11秒23切ったよ」


「あ、うん。風なかったらよかったね」


「なんでも言うこと聞いてくれるんだよね、確か」


悪戯っぽく新見が言って、僕は戸惑った。

足りない頭をくるくると回転させて、それから慌てて遮る。


「え、それ違うよ」


あれは加奈に言った…、んだよね?あれ?


「11秒23を切ったやつの言うことは、何でも聞いてやるって言ってたじゃない」


「いや、あれ、そうだっけ?」


「何してもらおうかなあ。美味しいご飯でもおごってもらおうかなあ」


新見が笑顔で言って、僕は思わず鼻息を荒くした。

それはつまり、デートのことですか!


「あれだ。あれだよ。せいぜい牛丼おごるくらいだよ」


「ふうん。牛丼か」


「その代わり、1年分」


1年間、毎日デート作戦。

どうだ。

仲浜高校の馬謖と呼ばれた僕の深慮遠謀は!


「あははは。そんなに要らないよう」


あっさり看破(?)されたけど、やっぱり新見の笑顔を見ていると癒される。

いつまでもじっと見ていたかったけど、そういうわけにもいかないので、僕はちらちらと横目で盗み見た。

新見は笑顔を浮かべたままで、何だかすごく機嫌がよさそうだった。


「星島君って、意外と面白いんだね」


ひざを抱えて、突然、新見はそんなことを言った。

意外と、っていうのが引っかかるけど、まあよしとしよう。


「そうかな」


「もっと感じ悪い人だと思ってた。冷たくてカッコつけてて」


僕はがっくりと肩を落とした。

そんなふうに思われてたのか…。


「あはは。ごめんごめん」


新見は楽しそうに手を振って否定する。


「いいけどね…」


「もてるからって調子乗って!とか思ってた」


「いや、別に調子乗ってないし、それ以前にもててないし」


「またまたあ。嘘ばっかり」


「いやマジで」


「ふーん。杏子さんと付き合ってるんじゃないの?」


「いや全然」


「隠れてこそこそ付き合ってたりしない?」


「しないしない」


「なんだ。そっかあ」


「彼女いたらもっと調子乗ってます」


「あははは」


奥手なのかもしれない。

女の子とはわりあいしゃべるほうだし、仲のいい子も少なくないけど、どうにも彼女ができる気配はない。

 

とにかくそういうことで、バレンタインデーも誕生日もない。

もちろんクリスマスも何もないし、それ以前に電話番号知ってる子もいないのだ。

そんなふうに説明すると、新見は憐れむような表情で僕を見た。


「そっかあ。言ってくれたらチョコぐらいあげたのに」


「欲しい欲しい欲しい欲しい。ちょうだいちょうだいちょうだい」


「あははは。超必死」


「そりゃあ、まあ…」


男子はそんなもんです。

天下の新見沙耶のチョコだし!


「じゃあ、来年ね」


「やった!ホワイトデーには牛丼を…」


「あはははは」


心底、新見は楽しそうに笑った。


もしかすると、僕たちは相性がいいのかもしれない。僕は勝手にそう思った。

新見はたぶん、好記録をマークしてちょっとテンションが上がっているだけなのだろう。

だけど、思うだけなら僕の勝手だ。

誰にも迷惑はかけていない…、よね?


「好きな子はいないの?」


ふいに聞かれる。焦って、僕はしどろもどろになった。


「まあ、いるようないないような?」


「誰?うちの学校の子?」


「お、教えない」


「いいじゃん。ないしょにするから」


流れが来ている。

今しかないと思った。

どうせ、駄目でもともとだ。


目の前を、長距離選手の一団が走っていったが、サブトラックは静かなものだった。

僕は新見を見て、それから高い空を見て、最後に芝生を見た。

100mのスタートのときより緊張して、あっという間に口の中がカラカラに渇いた。


「意外と近くに、いるかも」


どうにも緊張してしまって、声があまり出なかった。

だけど新見には聞こえたようで、笑顔のまま、周囲の様子を伺いながらちょっと顔を近づけて囁いた。


「近くって、陸上部?」


察してくれてもよさそうなものなのに、新見は鈍感らしい。


僕は静かに息を吸って、それからまた静かに吐いた。

高い空から、強い風が僕の背中を押していた。

言ってしまおう。

僕は決心して、顔を上げて真っすぐに新見を見た。


「ん?」


結果的に言えば、それが失敗だった。

新見の笑顔があまりにも眩しすぎて、それを直視したがために心が折れてしまった。

もう、僕の心なんて、ポッキーなんかよりも簡単に折れるのだ。


「な、内緒」


無理だ。

いくらなんでも、告白初心者にこのシチュエーションはハードルが高過ぎる。


「なーんだ。いいじゃん、教えてよ」


新見が笑って、それからぴゅうっと強く風が走り去ったときだった。


「のぞむくうううううぅん!」


前方から、加奈が大きく手を振りながらドタドタ走ってきた。

新見は加奈を見て、僕を見て、それからちょっと笑った。


「もしかして?」


勘違いされては困る。僕は慌てて手を振った。


「それはない。断固として」


「そっか。邪魔しちゃ悪いから行くね」


「違うってば」


「あははは。千晶さんとご飯食べてくるの」


「あ、そっか。いってらっしゃい」


「うん」


にこっと笑って、新見は立ち上がるとたたたっとサブトラックから出ていった。


一気に緊張が解けて、僕の魂は口から抜け出て遠く1マイルの彼方まで飛んでいった。

加奈が何か騒いでいたけど、耳には入ってこなかった。


今のは、すごく惜しかったような気がする。

言えない自分が悪いんだけど、新見も、もうちょっと粘り強く聞いてほしかった。

それよりあの言い方で察して欲しかった。

察して、お互いにパスがしやすい状況に持っていってほしかった。

あんまり僕に興味がないんだろうか。

ないんだろうな。

皆無なんだろうな…。


「ん。のぞむくん、どしたの?」


「いや。何でもない」


泣いてない。泣いてないよ。


「でさ、どうかな?いいよね?」


「何が?」


「だからあ、今日の夜、みんなでご飯。ちゃんと聞いてよ!」


加奈は唇をとがらせてどすんと地団駄を踏む。

芝生を、大事に。


「みんなって?」


「ハギワラ先輩でしょ。杏子さんと千晶さんと、沙耶さん。あと…、村上さん」


ミキちゃんのところだけ表情が曇る。

よほど嫌いらしい。


「ふうん。まあいいけど」


「今日、千晶さんの誕生日なんだって」


「ああ。そうなんだ」


山田千晶さんは3年生の短距離選手だ。

とてもまじめな性格。

走る大和なでしこ。

陸上部の良心とも言われており、いつもほのぼのしているのでみんなに可愛がられている。

特に杏子さんは千晶さんにご執心で、いつもベタベタしている。

よくパシリに使われているみたいで、ちょっとかわいそう。

もう3年生だというのに…。


「一緒にプレゼント買いにいこ?」


「ん。あとで行くか」


「えへへ。初デート」


「やっぱやめた」


「えーっ」


加奈はまた唇を突き出して、それからじっと僕を見た。


「のぞむくん、ひょっとしてあたしのこと嫌い?」


「いや、まあ、嫌いってことはないけど」


「よかった」


ほっとした表情をして、加奈はえへへと照れくさそうに笑った。

悪い気分はしなかった。

0コメント

  • 1000 / 1000