011話 新見沙耶


内心、僕はガッツポーズをした。

追い風1.2mとはいえ、10秒台の世界で自己ベストを0秒22も更新することは、まさに大躍進と言ってもいい。

シーズン初戦、これはもう最高の入りだと思った。


「お疲れ様」


ゴール地点でミキちゃんが待っていた。

少しはうれしそうな顔をしてくれてもよさそうだが、相変わらずの仏頂面だった。


「スタート、あれでよかったかな」


呼吸を整えながら聞いてみたけど、ミキちゃんはいつもの調子だった。


「ここからじゃ見えないでしょ」


「それもそっか」


「後半はバタバタしてたから30点」


さすがによく見ている、僕は軽く笑った。

こんなふうに笑ったのは久しぶりだった。


長い、暗く湿ったトンネルを一気に抜けたような気分だった。

2週間で何が変わったというわけじゃないと思うけど、とにかく、まだまだ僕は速く走ることができる。

きっとそうに違いないと思った。


「なんかミキちゃんにお礼しないと」


「何で?」


「いや、いろいろしてもらったから」


「別に、私は、何もしてないじゃない」


ミキちゃんの眉毛が持ち上がったけど、怒っているわけじゃない。

たぶん、照れていたんだろう。

じゃあねと言って、ミキちゃんは忙しそうに仕事に戻っていた。


僕はその背中を生暖かい目で見送って、もらったスポーツドリンクを飲みながらあとの組を見守った。

男子B組は高柳さんが10秒23の好タイム。

アホだけど、さすがに全国レベルの選手だけある。


だけど、C組以降は全部追い風参考記録となってしまった。

公認されないタイムトライアルほど空しいものはない。


「いいタイムだったのにな」


走り終わって、柏木さんがぼそりと呟く。

柏木さんは圧巻の10秒12だったのだが、それは徒労に終わった。

何秒で走ろうが、日本選手権や世界選手権の参加記録としては考慮されないのだ。


「あのくらい、柏木さんならいつでも出せるじゃないですか」


答えると、柏木さんはいかにもスポーツマンらしく快活に笑った。


「何だよ。自分が調子よかったからって」


「え、いや、そんなことないですけど」


「前半はよかったな」


「そうですか?」


「もう少し加速できたらもっとよくなるぞ」


「は、はい」


柏木さんは前キャプテンで、彫りの深い二枚目で、肩幅の広い見事な体の持ち主だ。

自己ベストは10秒11で、日本歴代5位。

絹山大学の堂々たるエースで、真面目ででしゃばらないけど、困ったときは任せとけという感じで頼りになる。

引っ張っていくタイプとは反対の、みんなの背中を押していくようなキャプテンだった。


現キャプテンとは、何もかも大違いだ。

欠伸をしながら頭をかいている高柳さんを見て、僕はため息をついた。

彼は、みんなの足を引っ張っていくタイプ…。


「お。出てきたぞ」


高柳さんの声で見ると、男子が終わり、女子A組が終わって、新見が登場するB組がレーンに姿を現した。


若干19歳で日本記録を塗りかえ、10秒台も期待されている天才スプリンターのシーズン初戦。

やはり、注目度が違う。

カメラを向けている人は大勢いた。

観客などいない記録会なので、ほとんど全員が出場選手のはずだが、一ファンに戻ってその勇姿を写真に収めようと躍起になっている。


「サトル、賭けようか」


僕は隣に座る聡志に持ちかけた。

聡志は怪訝な表情だった。


「サトルって誰だよ」


「日本記録出たらサトルの勝ち。出なかったらおれの勝ち」


「どうせ追い参だろ。てかサトルって誰だよ」


「おれが勝ったら北方領土返せよな。代わりに山梨県やるから」


「ロシア人じゃねえし!てかおれの地元と交換すんな!群馬あたりにしとけ!」


いろんな方、ごめんなさい…。


スタンドで携帯やデジカメを手にしているのは素人だが、本職のプレスも何人かゴール地点にいるようだ。

テレビカメラも入っていることから、注目度の高さが分かる。

日本記録は、11秒23。

果たして今回はどうか…。


(お…)


準備ができたようだ。

 

選手たちがスタートラインについて、競技場が奇妙に静まり返っていった。

そのとき、競技場内のほぼ全員の目が100mのスタートに注がれていた。

正確には、新見沙耶個人にすべての視線が集まっていた。

ほかの種目の選手も、競技を中断して100mに注視する。



一瞬の静寂の後。



号砲が鳴って、選手が一斉に飛び出した。

ゴール地点からだとよく分からないが、きっといつものように、スタートからいきなり頭一つ抜け出たのだろう。


スプリンターとして、新見沙耶は決して恵まれたフィジカルをしているとは言えない。

身長は165センチくらい。

体重は知らないが、アスリートとしてはいたって普通の体格だ。


では、技術的にはどうかというと、これも特徴的に際立つものは何もない。

ロケットスタートというわけではないのだが、すっとスタートして気付くともう頭一つ抜け出している。

そして中盤でリードを広げ、後半で相手を置き去りにしてしまう。

速さや力強さはまったく感じられないのだが、天才とは得てしてそういうものなのかもしれ

ない。

高い技術を、それを目立たせることなく、当たり前のように発揮しているのだ。


「うおおおおぉーっ!」


「ひゃーっ!」


新見のゴールと同時にスタジアムが大きくどよめいた。

速報タイムは11秒09を示していた。


だけどすぐに追い風2.3mと表示されて、歓声が溜め息に変わった。

追い風2.0mなので、参考記録にしかならない。

すさまじいタイムだ。すさまじいタイムだ!

すさまじいタイムなだけに、風が、惜しかった…!

あとちょっとだったのに…!


新見は惰性でちょっとだけ走っていって、戻りながらタイムと風速を確認して、微妙な笑顔を見せた。

うれしさ半分、悔しさ半分といったところだろうか。

だが、追い風参考ながらもこの好記録に、記者たちは新見に一斉に群がった。

僕にはまるで、それが別世界の光景のように見えた。


「あーあ。なんか嫌になるな」


高柳さんが言いながら欠伸をした。

格の違いを見せつけられてしまったというか、そんな感じなのだろう。

僕も含めて、何人かは同じ気持ちだったと思う。

ただし、キャプテンのセリフとしては問題だ。


「さ、ダウン行くべ」


記者に捕まっている新見を除き、絹大短距離陣はメイントラックを後にする。

生ぬるい風が、無性に寂しかった。

0コメント

  • 1000 / 1000